脇の黒ずみ対策

これで最終!脇の黒ずみを治す為の全手法【完全版】

薄着になるこれからの季節、脇の黒ずみを治したくても、どのように治していいのかわからない方や、今まで色々な方法を試してきて効果が全く実感できない方も多いのではないでしょうか?

一旦できてしまった脇の黒ずみを治すには、症状に合わせたケアや治療方法を行うことが大切です。

脇の下の皮膚は薄く、ダメージを受けやすいため、間違えた方法で治療やケアを行うと、脇の黒ずみが薄くなるどころか、悪化することにもなりかねません。

今回は、脇の黒ずみの3つの症状別に合わせた適切なケアと治療する方法の全てをまとめましたので、参考にして頂けたらと思います。

1.脇の黒ずみを薄くするには症状別で対策する必要がある

脇の黒ずみには、大きく分けて以下の3つの症状が主となります。

・埋没毛型のブツブツ黒ずみ
・毛穴の汚れによる黒ずみ
・カサカサ型の色素沈着による黒ずみ

脇の黒ずみの改善するには程度によって時間が異なり、コストを抑えて脇の黒ずみを治したい方は、自宅でのセルフケアで改善するしかありません。

注意点は、脇の黒ずみの種類や症状に関係なく、軽度~中度の黒ずみなら薄くすることは可能ですが、重度の黒ずみはセルフケアでは、完治することが難しいので、皮膚科やクリニックでの治療を検討したほうが良いです。

脇の黒ずみは上記の3種類の症状によって、対策方法も違ってきますので、まずはどの黒ずみタイプに当てはまるのか知ることが大切です。

以下よりご参考ください。

2comp

次の3つの脇の黒ずみの症状、『埋没毛による黒ずみ』・『毛穴汚れによる黒ずみ』・『色素沈着による黒ずみ』、それぞれに合った方法を選ぶことで、より早く対策・改善をすることができますし、逆に適さない方法で毎日ケアしてしまうと、黒ずみ悪化の原因にもなります。

その為、セルフケアを行う際には、慎重にケア方法を選択することが大切です。

【症状別で選ぶセルフケア一覧】

以下より、脇の黒ずみの症状別に最適なセルフケアを表にまとめております。敏感肌の方には負担が強すぎるセルフケアもございますので、ご自身の症状に合わせて、『コスト』・『肌の負担』も考慮して、適切なセルフケアを選ぶと良いでしょう。

■ 埋没毛型のブツブツ脇の黒ずみの原因と主な対策

毛穴①

埋没毛は、ムダ毛を無理矢理に抜いたことで起こる症状です。ただ黒ずんでいるだけではなく、脇の毛穴が見た目にも触った感じにもブツブツしている人はこのタイプです。

-原因-
・脇のムダ毛を毛抜きで引き抜かれたことで埋没毛ができてしまっている
・毛抜きで無理やり引き抜かれた脇のムダ毛が伸びてきた際に、中から皮膚を外へと押し出すことによってブツブツができてしまう

上記の原因が重なることで、ブツブツを伴う脇の黒ずみが発生します。

-埋没毛型の対策セルフケア-

セルフケアの方法 コスト(費用) 肌の負担 コメント
豆乳ローションを使った脇の黒ずみケア 1000円~ ◎少ない 豆乳ローションの保湿効果と抑毛作用で、埋没毛による黒ずみをケアする方法です。
脇の脱毛と合わせて行うと効果的です。
市販のピーリング商品を使った黒ずみケア 1000円程度 △多少あり ピーリング作用のある市販品を使ってケアする方法です。
製品によっては肌の負担になりますので週1回~2回程度のケアが好ましいです。

-セルフケアの注意点-

・毛抜きでのムダ毛処理を避ける
・どうしても毛抜きを使う場合には毛抜きで皮膚を挟まないよう気を付ける
・埋没毛ができている場合は無理に引き出そうとしない

■ 毛穴の汚れによる脇の黒ずみの原因と主な対策

脇の毛穴の皮脂詰まり

制汗剤やパウダーや汚れが、脇の毛穴に汚れが詰まり、皮膚が酸化することで黒ずみとなってしまうタイプです。

-原因-
・普段使用している制汗剤やボディクリームが毛穴に入り込んだまま洗い流せていない
・皮脂汚れが脇の毛穴に残っている状態でその皮脂汚れが酸化してしまう
・肌の代謝(ターンオーバー)がうまくいっていない

毛穴の汚れの詰まり具合によってはブツブツを伴うこともありますが、毛穴汚れによる脇の黒ずみの場合、ブツブツ自体が黒ずんで見えるのが埋没毛型のブツブツした黒ずみとの違いになります。

-毛穴の汚れによる脇の黒ずみの主な対策セルフケア-

セルフケアの方法 コスト(費用) 肌の負担 コメント
重曹を使った脇の黒ずみケア 1000円以内 △多少あり 毛穴に詰まった汚れや脂を重曹パックを使って改善する方法です。
多少、肌の負担になるため、セルフケアは週に1回程度にしておきましょう。
市販の石鹸を使った脇の黒ずみケア 1000円以内 △多少あり 原因である皮脂詰まりの汚れを取り除く成分が入った石鹸でケアする方法です。
成分によっては毎日使用すると負担になりますので週に1回~2回程度が好ましいです。

-セルフケアの注意点-

・制汗剤の使用頻度が高いと成分が毛穴に詰まり汚れが蓄積されてしまうので注意
・入浴時にきちんと洗えていないと黒ずみが悪化するので注意すること
・黒ずみを隠すためにファンデーションを使用する際にはきちんときれいに洗い流すこと

■ カサカサ型の色素沈着による脇の黒ずみの原因と主な対策

脇の色素沈着

脇の黒ずみに悩んでいる方の殆どの症状がこの症状です。脇の処理時のカミソリや毛抜きの刺激で、皮膚がダメージを受け、乾燥していることでデリケートになった脇の下に様々な外的な刺激が加わることで黒ずみが定着してしまうものです。

-原因-
・カミソリを使った脇のムダ毛処理によって皮膚が乾燥しやすくなっている
・日ごろ脇の摩擦が起こるような動きをすることが多い
・ムダ毛処理した後に脇の保湿などを行っていない
・服や下着で脇に摩擦が起きてしまっている

脇は非常に乾燥しやすい、体の中でも特に皮膚の薄い場所です。
また、乾燥しやすい場所であることもあまり知られていないため保湿ケアを行わない人も多く、脇の黒ずみのもともとの原因が乾燥である人はとても多いのです。

-色素沈着よる脇の黒ずみに効果的なケア-

セルフケアの方法 コスト(費用) 肌の負担 コメント
バイオイルを使った脇の黒ずみケア 1700円~ ◎少ない バイオイルという天然精油を使用したセルフケア。
肌の負担が少なく、敏感肌の方でも使用することができることが特徴です。
クエン酸を使った脇の黒ずみケア 1000円以内 ×大きい クエン酸のピーリング作用で脇の黒ずみをケアする方法です。
コストが安く、手軽に始めることができますが肌に負担がかかる為、敏感肌の方には不向きです。
豆乳ローションを使った脇の黒ずみケア 1000円~ ◎少ない 豆乳ローションの抑毛作用で脇の処理回数を軽減し、色素沈着を徐々に改善していく方法です。
市販でも販売されていますが、手作りの方が効果が得られやすいです。

-セルフケアの注意点-

・下着や服の摩擦で黒ずみが悪化するため、摩擦の少ないものを選ぶこと
・カミソリでのムダ毛処理を行う場合にはカミソリで肌をなでる回数をできるだけ少なくすること
・常に脇を清潔に保つよう心がけ、肌の代謝を促す
・乾燥していることでもメラニン色素は作られるため、肌への水分補給を怠らない
・体を洗う際は優しく丁寧に。擦りすぎることでもメラニン色素が作られる

2. 脇の黒ずみを早く薄くするなら専用クリームでケアすると良い

時間をかけず脇の黒ずみケアをしたい方は、脇の黒ずみに効果的な成分が配合されたクリームなどを使用すると効果的です。脇の黒ずみ専用クリームにもドラッグストア等で購入できる市販品や通販品がございますが、使用するなら、なるべく成分内容が良い製品が多い通販品がお勧めです。

市販品は多くの店頭に並べる目的もあり、テレビCM費用や問屋など流通マージンが製品代として含まれているものが多く、安価の成分で大量生産された物も多くあります。一方で通販品は直接、消費者へ販売できることから中間マージンの必要がなく、その分、美白有用成分の種類が豊富に配合されているものが多い分、脇の黒ずみの早い効果が期待できます。

そのため、脇の黒ずみを自宅で効果的にケアしたい方は通販品をおすすめします。

【PR】 脇の黒ずみに有用なおすすめクリームベストはコレ!

上記で紹介した通販品から、より効果が期待できるクリーム・ジェル・ローションをまとめました。自宅で脇の黒ずみケアをしたい方で、薬局等で販売されている市販品よりも効果を求める方におすすめです。美白成分や黒ずみ抑制成分が配合された保湿クリームで肌に優しく、脱毛されている方や脱毛中の方にも適していますし、ムダ毛処理後の炎症によるぶつぶつにも良い作用が期待できます。

 アットベリー

「アットベリー」の画像検索結果

定期初回価格:¥2.980(60g)

色素沈着や毛穴の汚れ、ぶつぶつによる脇の黒ずみに効果的な美白クリームです。甘草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキスといった美白成分が作用して、メラニン抑制や美白効果を高めてくれます。保湿効果が最も高いセラミドをはじめ、肌を整える植物成分や消臭効果のある桑エキス、天然ビタミンEが含まれていて、脇の黒ずみだけでなく、キメ細かく綺麗な脇を目指せます。

■ 脇の黒ずみの保湿ケアは入浴後や処理後は必須

wk002

脇の黒ずみを悪化・治療後も再発しないためにも、保湿ケアによるお手入れを必ず行うようにしましょう。

脇の黒ずみの原因の多くは、カミソリや毛抜きでのムダ毛の処理が原因や、摩擦によるダメージによるものが殆どです。

これらのダメージから肌を守る為にも、日々の保湿ケアが必要で、脇の黒ずみ完治後の再発防止のためにも必ず保湿は行うようにしてください。

特に、脇の保湿が必要なタイミングは、『入浴後』です。入浴後の肌は、肌のバリア機能が低下している為、乾燥が起きやすくダメージを受けやすい状態です。

そのため、専用の保湿クリームや美容液でケアすることにより、肌を守り、その日の肌ダメージをケアすることができます。

脇の黒ずみの保湿については別ページを参考にしてください。

3. 重度の脇の黒ずみや最短で治すなら皮膚科や美容皮膚科の治療も検討する

費用は多少かかってもいいから、1日でも早く脇の黒ずみを治したいという方は、皮膚科や美容皮膚科で治療してもらう方法があります。

また、脇の黒ずみの進行が重度の場合は、セルフケアで行うよりも、専門医に通ったほうが結果コストがかからず、脇の黒ずみを治すことができる場合もあります。

『色素沈着による脇の黒ずみ』や『埋没毛による脇の黒ずみ』には、ハイドロキノンなどの薬剤を塗布する治療や、手っ取り早く治すならレーザー治療が効果的です。

『毛穴の詰まりによる脇の黒ずみ』は、ピーリング治療が有効と言えます。

費用や治療期間に関しましては『これで完治!脇の黒ずみを皮膚科で治す為のはじめてガイド』をご参考ください。

4. 脇の黒ずみが薄くなるまでは黒ずみを隠す方法も取り入れる

脇の黒ずみを隠す女性

どんな方法でも脇の黒ずみが薄くなるまでには時間がかかります。そのため、急なイベントがあり、すぐにでも脇の黒ずみを隠したい場合もあるのではないでしょうか?

そんな時のためにも、脇の黒ずみを『急に隠したい場合』の時の対処方法を覚えておくと、いざという時にいつでも隠すことができるので、覚えておくと良いです。

脇の黒ずみを隠すための、おすすめアイテムはファンデーションです。黒ずみを隠したり、毛穴を隠したりする専用の脇用ファンデーションを使うと良いでしょう。

-ポイント-
・黒ずみが気になる箇所を中心に脇全体に塗り広げるように使用する
・ウォータープルーフタイプを選ぶこと
・リキッドよりもパウダーファンデーションが良い(衣類に付着しづらいため)
・クレンジング剤と石鹸での洗浄を必ず行い、保湿も忘れずに行うこと

気になる黒ずみを隠すための『とりあえずの秘策』になるので即効性はあると言えますが、使用後にきっちり落としておかないと、ファンデーションの成分が毛穴に詰まり新たな黒ずみの原因となってしまうので十分に注意しましょう。

詳しい方法については以下の記事を参考にされて下さい。

まとめ

これが脇の黒ずみを治すための全ての方法です。

できてしまった脇の黒ずみは、すぐに治すことはできませんが、程度によってはセルフケアでも治すことができます。

治療方法は、自宅でのセルフケアの方法と、皮膚科やクリニックで治療する方法の2種類があり、下記を参照とし、治療にかける予算や治療期間で選ぶと良いでしょう。

黒ずみの症状が軽度~中度で、コストを抑えたいという方は『コストをかけずに脇の黒ずみを自宅で治す方法』または『脇の黒ずみ解消におすすめの通販ランキング』をご参照ください。

コストをかけてでも1日でも早く脇の黒ずみを治したい方は『皮膚科や美容皮膚科の治療で最短で脇の黒ずみを治す方法』を参考にして下さい。

また、セルフケアや治療期間中でも、脇の黒ずみを隠したいと思うこともあるかと思いますので、必要な場合は、『脇の黒ずみを隠す方法』を活用すると、他人の目も気にせずに治療に専念することができます。

ABOUT ME
ゼロズミ 運営委員会
世の女性の黒ずみに対する悩みを解決すべく、日々、情報収集に勤しむゼロズミ運営委員会。 世の中の女性のキレイを応援します!