監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

酵素洗顔が有効!ニキビの種類・肌タイプ別の正しいケア方法を解説

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニキビが治って喜ぶ女性

酵素洗顔がニキビにいいと聞いて使ってみたいけれど、「普通の洗顔料と何が違うの?」「どんなニキビでも治る?」「友達に勧められたものでいいの?」などの疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか?

酵素洗顔はニキビケアに効果的なアイテムですが、ニキビの種類と使用方法を正しく知っておかないとニキビが悪化する可能性があります。

今回は、酵素洗顔が有効なニキビの種類や選び方、効果的な使用方法、ニキビが悪化した場合の原因と対処法をまとめていますのでご参考にして頂けたら幸いです。

1.酵素洗顔が有効なニキビの種類 

酵素洗顔は白ニキビに有効

ニキビの症状には白ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと3種類あり、酵素洗顔は古い角質の蓄積が原因となる白ニキビに有効です。

肌の角質はケラチンというタンパク質でできており、角質は肌を守るために必要なものですが、ターンオーバーが乱れて角質が蓄積すると毛穴が詰まりやすくなって白ニキビの原因となります。

酵素洗顔にはプロテアーゼという「タンパク質を分解する酵素」が配合されており、古い角質を洗い流す作用があるため、角質の蓄積が原因の白ニキビの改善に役立ちます。

・酵素洗顔で悪化するニキビの種類

赤ニキビ・黄ニキビの場合は炎症がおきて肌が過敏になっている状態なので、酵素洗顔の洗浄力が刺激となりニキビが悪化する可能性もあります。

赤ニキビや黄ニキビには、抗炎症成分のグリチルリチン酸や殺菌成分のサリチル酸などが配合された洗顔料の使用を優先し、炎症が治まってから酵素洗顔を使用してください。

【ニキビの種類と酵素洗顔の効果】

ニキビの種類 効果 ニキビの状態と対策
 白ニキビ白ニキビ

角栓で毛穴がふさがり、中に皮脂がたまっている。
角栓が酸化すると毛穴部分が黒くなる。
酵素洗顔やピーリング、スクラブなどの角質ケアが有効。

 赤ニキビ赤ニキビ 炎症が起きて赤く腫れている。アクネ菌と白血球が戦っている。

炎症を抑える成分やアクネ菌を退治する殺菌作用のあるニキビ治療薬や皮膚科でのケアが必要。刺激を与えない事が鉄則。
・抗炎症成分
グリチルリチン酸、アラントイン
・殺菌成分
サリチル酸、レゾルシン、イオウ

 黄ニキビ黄ニキビ 炎症が悪化し膿がたまっている。
 ニキビ跡ニキビ跡 ・酵素洗顔でメラニン色素が溜まった古い角質を除去。
・美白化粧品・美白サプリなどメラニンを減らすケアとの併用が効果的。
・クレータータイプのニキビ跡は皮膚の深い部分がダメージを受けているので美容皮膚科でのレーザー治療が効果的。
 ニキビ予防ニキビの予防 ・酵素洗顔で皮脂や古い角質を洗い流し毛穴詰まりニキビを予防。
・酵素洗顔+保湿ケアで、バリア機能を高める。
 身体のニキビ背中ニキビ ・背中やデコルテなどにできるニキビも毛穴詰まりが原因なので酵素洗顔が効果的。
・顔のニキビと同じように炎症があったり保湿ケアが不十分だと悪化する可能性もある。

酵素洗顔はニキビ予防やニキビ跡にも有効

酵素洗顔は肌のターンオーバーの乱れで蓄積した角質を取り除く効果があるのでニキビ予防・ニキビ跡のケアにも有効です。

肌のターンオーバーの乱れは加齢や乾燥、睡眠不足が原因です。ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積し、角質肥厚(かくしつひこう)という角層が分厚い状態になり、ニキビやニキビ跡が発生しやすくなります。酵素洗顔で古い角質を洗い流すことでニキビの予防・ニキビ跡の改善ケアに繋がります。

デコルテや背中のケアにも酵素洗顔が効果的
酵素洗顔は毛穴の詰まりが原因となる、デコルテや背中などのニキビにも効果的です。身体のニキビも洗浄力が高すぎたり、ゴシゴシ洗いは刺激となりニキビが悪化する可能性があるので、顔と同じように泡で優しく洗ってください。炎症が起きている場合は抗炎症剤が配合されたニキビ肌専用のコスメの方が効果的です。

2.肌タイプ別・酵素洗顔の選び方と効果的な使い方

肌タイプ別酵素洗顔の選び方

酵素洗顔を使用すると、皮脂や古い角質を洗い流す作用でバリア機能が低下しやすいので、肌タイプに合わせた選び方・使い方をすることがニキビケアに効果的です。

乾燥肌の方は保湿成分が多いもの、脂性肌の方は毎日使用できるものがいいです。混合肌・普通肌の方は、ニキビができやすい部位や肌の状態をチェックしながら酵素洗顔を使用してください。

肌をゴシゴシ洗うと摩擦が刺激となり、ニキビや乾燥などの肌トラブルにつながるので、泡立てネットや洗顔用泡立て器などを利用して、キメ細かい泡で押すように優しく洗うことがポイントです。

・乾燥肌の方は保湿成分が多い酵素洗顔が良い

乾燥肌の方は、ターンオーバーが乱れ角質が厚くなりニキビができやすい肌状態なので、酵素洗顔が効果的です。しかしバリア機能が低下して肌トラブルを起こしやすい状態なので「保湿成分が多い酵素洗顔」で肌の潤いを守りながら優しく洗う事がポイントです。

酵素洗顔の使用頻度は週1回から初めてみて、肌の状態をみながら調整してください。

洗顔後のスキンケアで肌がピリピリする場合は、酵素洗顔の刺激が強い可能性があるので、使用する量を減らしてみたり、通常の洗顔料に混ぜて使用してみてください。

~酵素洗顔を乾燥肌タイプの方が使用した口コミ一覧~

21歳 女性:白ニキビが出なくなりました!

28歳 女性:ニキビと毛穴の悩みが解消!
25歳 女性:毎日使用たら肌にかゆみが・・・

・脂性肌の方は毎日使える酵素洗顔が良い

脂性肌の方は、皮脂の分泌が多く毛穴が詰まりやすいので、皮脂や角質を溜めないように「毎日使用できる酵素洗顔」がニキビケアに効果的です。べたつきが気になるおでこや頬、あごを重点的に洗顔してください。

皮脂は、肌の潤いを守る役割があるため、洗い流しすぎるとさらに過剰に分泌されます。ニキビを悪化させないためにも洗顔は基本的に1日2回で十分です。

酵素洗顔を使用してもニキビが改善されない場合は、皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体や、アクネ菌を殺菌するサリチル酸などが配合された洗顔料の使用も検討してみてください。

~酵素洗顔を脂性肌タイプの方が使用した口コミ一覧~

20歳 女性:使った次の日にニキビが目立たなくなった!

32歳 女性:新しいニキビができなくなった!
18歳 男性:乾燥が強くヒリヒリする

・混合肌の方はニキビができやすい部位で使い分ける

混合肌の方はTゾーンはテカりやすくUゾーンは乾燥しやすいので、ニキビができやすい部位に合わせて選ぶのが好ましいです。

Tゾーンにニキビができやすい方は、脂性肌と同じように「毎日使用できる酵素洗顔」を使用して、乾燥している部分への使用は避けるように洗顔してください。

Uゾーンにニキビができやすい方は、乾燥肌と同じように「保湿成分が多い酵素洗顔」を使用して、テカりが気になる部分は念入りに洗顔してください。

~酵素洗顔を混合肌タイプの方が使用した口コミ一覧~

34歳 女性:全身のニキビに使用!なめらかな肌に◎

29歳 女性:ずっと消えにくかったニキビ跡が薄くなった
34歳 女性:冬場は保湿しないとニキビが増える

・普通肌の方は肌の状態に合わせて使い分ける

普通肌の方は、毛穴の汚れや肌のざらつきが気になった時だけ酵素洗顔を使用し、角質を溜めないことでニキビを予防できます。基本的には普通肌用を使用し、生理前や体調不良などで肌が敏感になっている時は敏感肌用を使うなど、肌の状態に合わせて使いわけるのもオススメです。

~酵素洗顔を普通肌タイプの方が使用した口コミ一覧~

43歳 女性:背中ニキビやざらつきが減った

28歳 女性:ピーリングよりも肌に優しくあごのザラザラを改善

・敏感肌の方は敏感肌用を使用する

季節の変わり目や生理前、ストレスなどで肌が過敏になっている場合は、洗顔や化粧などの刺激が肌トラブルの原因になりやすい状態のため、酵素洗顔の使用を控えるか敏感肌用の酵素洗顔で優しく洗うことがポイントです。

敏感肌用の酵素洗顔は、肌負担になるアルコールやバラペンなどの添加物は使用せず、肌に優しい洗浄成分が配合されているので、肌に刺激を与えにくく古い角質を洗い流します。

洗顔後に肌がピリピリする場合は酵素洗顔の刺激が強い可能性があるので、量を減らすか、いつもの洗顔料と混ぜて使用してみてください。

~酵素洗顔を敏感肌タイプの方が使用した口コミ一覧~

27歳 女性:洗顔フォームと混ぜて使用。肌がツルツルに。

20歳 男性:泡立ちも洗いあがりも◎継続します。
23歳 女性:1週間毎日の使用で顔中にニキビ

■酵素洗顔おすすめランキング

@コスメ、Amazon、楽天、Twitter、Instagram、YouTubeの口コミや投稿を参考にして、「角栓・毛穴改善」や「くすみ改善」「コスパ優秀」などに口コミの評価が高い酵素洗顔のランキングを作りました。

酵素洗顔のランキングのぞき見👀
角栓・毛穴改善の口コミが多かった酵素洗顔BEST3
1位 オバジ酵素洗顔パウダー
2位 スイサイ ビューティークリア パウダーウォッシュ
3位 いつかの石ケン

ゼロズミおすすめ酵素洗顔
アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ

詳しい理由や商品の特徴、その他のランキングは「酵素洗顔ランキング【2018】コスパや効果・使い方の口コミ徹底調査」をご参考ください。

3.酵素洗顔のあとは肌タイプに合わせた保湿ケアが必須

酵素洗顔のあとは、肌の水分が蒸発しやすいので化粧水とクリームで保湿ケアをおこなう事が大切です。

酵素洗顔後は、皮脂や角質が洗い流されバリア機能が低下するので肌の水分が蒸発しやすくなっています。肌の乾燥は、ニキビが発生しやすくなるだけでなく、紫外線のダメージを受けやすくなるので、シミ・シワなど肌の老化にも繋がります。

肌の乾燥を防ぐためには、保湿力の高い化粧水で水分を与えたあとに、乳液やクリームなどでフタをて水分の蒸発を防ぐ保湿ケアが必要です。

■肌タイプ別・効果的な保湿ケア方法

保湿ケアは、水分と油分のバランスを整えてバリア機能を高める役割があるので、肌タイプに合わせた保湿ケアがニキビ予防に効果的です。

・脂性肌の方は皮脂へのアプローチ
脂性肌の方は肌がべとつきやすいので、油分の少ないサラっとしたテクスチャーで、皮脂の分泌と酸化を防ぐビタミンC誘導体やアクネ菌の繁殖を防ぐノンコメドジェニックでの保湿ケアがニキビに効果的です。

クリームのべとつきが気になる場合は、塗り終わったあとにティッシュペーパーで軽く押さえると、余分なクリームを取り除くことができます。

・乾燥肌・敏感肌の方は保湿力がポイント
乾燥肌や敏感肌の方は水分も油分も少ない状態なので、セラミドなどの保湿力が高い成分が配合されたクリームで肌のバリア機能を高めることがニキビ予防に効果的です。

セラミドの種類や効果、スキンケア商品などを詳しく知りたい方は「乾燥肌には4つの種類があった!タイプ別乾燥肌対策まとめ」をご参考ください。

乾燥肌・敏感肌の方は、強いパッティングやコットンでの摩擦が肌への刺激となり肌が荒れる可能性があるので、清潔な手で優しく押さえ込むようになじませてください。

・混合肌の方はバランスよく丁寧に
混合肌の方は、皮脂が多い部分と乾燥している部分があるので、テカりやすいTゾーンにはクリームは控えめにして、乾燥の強いUゾーンは化粧水やクリームを重ね付けをするなど、肌の状態に合わせた保湿ケアがニキビ予防に効果的です。

4.酵素洗顔を使用して肌荒れやニキビが発生した場合

酵素洗顔は、使う頻度やタイミングによってはニキビの悪化や肌荒れにつながります。肌荒れやニキビは、肌に炎症が起きている時、バリア機能が低下している時、成分が肌に合わない時などに発生します。

酵素洗顔を使用して、「ニキビが悪化した」「ニキビが増えた」「肌が荒れた」と感じた方は、考えられる原因を下記にまとめてみましたのでご参考ください。

✅酵素洗顔の前にオイルクレンジングを使用している
オイルクレンジングは洗浄力が高いので、肌の潤いまで洗い流し乾燥しやすいです。そのあとに酵素洗顔を使用すると、さらに肌が乾燥してニキビや肌荒れに繋がります。

朝に酵素洗顔を使い、夜は保湿成分が配合された肌に優しい洗顔料を使うようにしてみてください。

または、肌の潤いを守るオリーブオイルやココナッツオイルなどのオイルクレンジングや、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングへの変更も検討してみてください。


✅ 炎症のあるニキビや吹き出物ができている時に使用した
炎症のあるニキビや吹き出物があるときは酵素洗顔の刺激で肌が荒れたりニキビが悪化する可能性があります。炎症が起きている時は、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸やアラントインなどが配合されたニキビ肌用のコスメを使用するか、皮膚科での治療が好ましいです。


✅ 酵素洗顔の使用頻度が多い
酵素洗顔は洗浄力が高いため、使用頻度が多いとバリア機能が低下して肌の乾燥に繋がります。肌の乾燥が続くと皮脂が過剰に分泌され毛穴が詰まりやすくなりニキビが発生します。

酵素洗顔は週1回の使用から始めてみて、肌のゴワツキやテカリが気になる場合は使用回数を増やし、肌がピリピリするようならもう少し期間をあけてみてください。


✅ 洗顔後の保湿ケアが不十分でニキビができた
酵素洗顔は角質と皮脂を洗い流してバリア機能弱めてしまうので、保湿ケアが不十分だと乾燥が進み角栓ができやすくなったり、肌のターンオーバーのサイクルが乱れてニキビが増える可能性があります。目次3の「酵素洗顔のあとは肌タイプに合わせた保湿ケアが必須」をご参考ください。


✅ 酵素洗顔に配合されている成分が肌に合わなかった
酵素洗顔に配合されている成分や添加物などが肌に合わずに肌が荒れる可能性もあります。肌が弱いかたは事前にパッチテストなどで確認する事をオススメします。

パッチテストのやり方は「パッチテストの全手順」をご参考ください。赤みや痛みが出てなかなか使える製品がみつからない場合は、皮膚科での相談も検討してみてください。


✅ 睡眠不足やストレス、体調不良などで疲れている
睡眠不足やストレス、体調不良などで身体や心が疲れている時は、免疫力が低下してニキビができやすい状態です。酵素洗顔のケアよりも休息やストレス発散、バランスの良い食事、軽い運動などを取り入れる事も検討してみてください。

5.酵素洗顔のニキビケアに関するまとめ

・酵素洗顔は、タンパク質を分解する酵素が毛穴詰まりを解消するので、古い角質が毛穴に詰まった白ニキビに有効なアイテムです。

・赤・黄ニキビは殺菌作用や抗炎症作用のあるニキビ肌用の洗顔を優先して、炎症が治まった後にニキビ跡改善やニキビ予防に酵素洗顔を使用してください。

・酵素洗顔は洗浄力がたかく使用後は肌のバリア機能を弱めるので、洗顔後はしっかりと保湿ケアをおこなうことが望ましいです。

・酵素洗顔を使用して肌が荒れたりニキビが増えた場合は、使用頻度やタイミング、ケア方法などに問題がある場合が多いので、ご自身の使用方法と見比べてみてください。

今回の記事で、ニキビに効果的な酵素洗顔の使用方法を身につけ、ニキビを繰り返さない肌になるサポートができれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます