監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

オイルクレンジングの選び方~潤いを守りメイクや皮脂汚れだけを落とすコツ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの方が一度は使ったことのあるオイルクレンジング。メイク落ちが良い反面、肌負担を気にしている方も多いと思います。

今回は、肌への負担を抑え毛穴汚れやニキビ予防にも役立つオイルクレンジングの選び方と使い方をまとめさせていただきました。

 ~この記事でわかること~  
・オイルクレンジングでできることは?
・正しいオイルクレンジングの選び方
・オイルクレンジングの正しい使い方
・オイルクレンジングの活用術

1.オイルクレンジングは汚れ残りによる肌荒れの予防に役立つ

オイルクレンジングは洗浄成分の配合が多いため、毛穴や肌のキメなどに入り込んだメイクや皮脂汚れを落とす働きが高いことがメリットです。

クレンジングは、オイルの配合が多いほど油汚れを浮かす働きが強く、界面活性剤がおおいほど洗い流す働きが高くなります。

洗顔だけでは落ちにくいウォータープルーフやマスカラなどのコスメを使用している方や、毛穴の汚れやくすみがある方・油っぽい肌質の方ほど、洗浄力の高いオイルクレンジングを使用するのがおすすめです。

・オイルクレンジングのデメリットは洗浄力が強すぎるコト
オイルクレンジングの強い洗浄力は、肌に必要な皮脂を取り除いてしまい毛穴の開きや乾燥を招くリスクがあることがデメリットです。肌トラブルなくオイルクレンジングを使うには、正しい選び方と使い方を覚えておくと良いです。

2.オイルクレンジングはオイルの種類で選ぶのがコツ

オイルクレンジングの主成分となるオイルには、足りない皮脂を補う「油脂系オイル」と余分な皮脂だけを取る「鉱物油」の2種類あります。これらは、メイクを落とす時の肌状態によって選ぶことで肌の負担を減らしメイクや皮脂汚れを落とすことができます。

【鉱物油と油脂系オイルの違い】

種類 鉱物系オイル 皮脂系オイル
特徴 石油が原料のオイル。肌内部の水分を守りながら、過剰分泌した皮脂や落ちにくい油分を落とす働きがある。 植物や動物が原料のオイル。肌になじみやすく不足した皮脂を補いながら、メイク汚れを落とす働きがある。
★こんな方におすすめ
☑顔全体が油っぽい肌質の方
☑メイクがヨレやすい
☑油取り紙などをよく使用する
☑特にTゾーンの油っぽさが強い
☑メイクをして汗をかいた後
☑広範囲にニキビが出来やすい
☑毛穴が目立つ(テカリ)
★こんな方におすすめ
☑乾燥しやすい肌質の方
☑刺激に弱い肌質の方
☑TゾーンやUゾーンだけ油っぽい方(混合肌)
☑ごわつきがある・粉をふく
☑単一ニキビ(吹き出物)が出来やすい
☑毛穴が目立つ(ガサガサ)
オイルの名称 ミネラルオイル
ワセリン
パラフィン など 
オリーブ油
ヤシ油(ココナッツオイル)系
アルガンオイル
ホホバ油
スクワラン(サメ・オリーブ) など

■鉱物油は「水分を守って余分な皮脂・メイクだけを落とす」

鉱物油とは、「ミネラルオイル」や「ワセリン」「パラフィン」などの石油が原料のオイルのこと言い、肌内部の水分を守りながら余分な油分を取り除く力が強いのが特徴です。水分量の多い普通肌の方や、皮脂が過剰に分泌されてテカリや油っぽさがある肌質の方におすすめのオイルです。

【ゼロズミセレクト】オイリー肌・普通肌におすすめ
ソフティモ
ホワイトクレンジングオイル
内容量:230ml
価格:¥400~600

★ソフティモ ホワイトクレンジングオイルの特徴
【配合されているオイル】
ミネラルオイル・米ぬかオイル・オリーブ油・ホホバ油・ローズヒップオイル・サフラワー油・ごま油・シア油・アーモンド油・オレンジ油

【ココがおすすめ!】
肌の水分・皮脂バランスを整えながら、過剰な皮脂やメイクをしっかりと落とす10の美容オイルがしっとりとした素肌へと導いてくれます。油性成分が多いため洗浄力が高く、ウォータープルーフから古い角質・過剰な皮脂など様々な汚れを取りのぞきます。価格も安いのでプチプラを求める方におすすめです。

ホワイトクレンジングオイルの口コミ
10代 オイリー肌:肌がつっぱることなくてお気に入りです
40代 女性 普通肌:ジムの後や夏場のべたつく肌には最適
20代 女性 オイリー肌:オイルクレンジングが脂性肌に合ってるって知らなかった

◆油脂系オイルは「足りない皮脂を補ってメイクを落とす」

油脂系オイルとは、「オリーブ」や「ホホバ」「馬油」などの植物や動物からとれるオイルのことを言い、肌なじみが良く足りない皮脂を補いながら汚れを落とすのが特徴です。保湿性と低刺激に優れているため、化粧品で肌が荒れやすい肌質の方や乾燥しやすい肌質の方におすすめのオイルです。

【ゼロズミセレクト】乾燥肌・混合肌・敏感肌におすすめ
Attenir(アテニア)
スキンクリアクレンズオイル

内容量:175ml
価格:¥1,836

★アテニア スキンクリアクレンズオイルの特徴
【配合されているオイル】
イモーテルオイル・バオバブ種子油・アルガニアスピノサ核油・レモングラス油・ベルガモット油・ビターオレンジ花油・ラベンダー油・パーム油

【ココがおすすめ!】
メイクや皮脂汚れだけでなく、古い角質も落とす4種の油脂系オイル配合でメイクを落とすたびに白くくすみにくい肌へと導いてくれます。リラックス効果と美肌・保湿作用が期待される4つの柑橘系のアロマオイルも配合されているため、爽やかな香りに包まれながら乾燥を防ぎます。また、肌刺激となるパラベンやアルコールも不使用のため、敏感肌でもご使用できます。

アテニア スキンクリアクレンズオイルの口コミ

30代 乾燥肌:汚れが落ちるというよりも浮く
40代 混合肌:長年のくすみは汚れが溜まってたのかとびっくり

3.オイルクレンジングを効果的に使うには「乳化」が大切

オイルクレンジングで肌負担を少なくメイクや皮脂汚れをしっかりと落とすには、「洗い流す前に乳化をさせる」が大切です。

乳化とは、界面活性剤の力によって油(メイク・皮脂・オイルクレンジング)と水を混ぜ合わせる作用のことを言います。乳化をすると水で汚れをしっかりと落とすことができるため、汚れ残りによるニキビや乾燥の悪化を防ぎ、肌トラブルを抑えてメイクを落とすことができます。

オイルクレンジングの正しい乳化のやり方

①肌全体にオイルクレンジングをなじませる

②手のひらをぬるま湯で軽く濡らす
オイルクレンジングが流れない程度に濡らすのがコツです。

③濡れた手で顔全体を優しくなでてオイルクレンジングを乳化させる
この時にオイルクレンジングが白く濁ったら、しっかりと乳化ができているサインです。

④オイルクレンジングが白く濁り肌の抵抗感がなくなったら洗い流す

5.オイルクレンジングに関するQ&A

オイルクレンジングでよくある質問にお答えいたします。

Q1.オイルクレンジングは肌負担が大きいと言われていますが、実際どうなのでしょうか?

A.使い方と選び方次第です。

O2.オイルクレンジングを使うとヒリヒリします。肌に合っていないのでしょうか?
A.パラベンやアルコールなどが含まれていない低刺激なオイルクレンジングをおすすめします。

Q3.オイルクレンジングに使用期限はありますか?
A.開封後1年が消費期限と言われています。余ったらメイクブラシのお掃除用に

Q4.すっぴんでもオイルクレンジングはしても良いですか?
A.すっぴんでも油っぽくなってしまう場合は問題はありません。

6.オイルクレンジングに関するまとめ

オイルクレンジングには洗浄成分が多いため、落ちにくいコスメや過剰な皮脂、毛穴汚れなどをスッキリと落とすのにとても優秀です。

オイルクレンジングを選ぶ時は、肌質に合わせて主成分のオイルの種類を見極めるのが大切です。肌トラブルを避けて汚れをしっかりと落とすには、オイルクレンジングをなじませたあと乳化させて、ぬるま湯で洗い流すのがポイントです。

今回の記事でオイルクレンジングの正しい選び方と使い方を知って頂ければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます