監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

ビタミンC配合の美白サプリを有用に摂取するための基礎知識

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ビタミンC配合の美白サプリ

これから美白ケアをする方のなかには、ビタミンCがシミやくすみの美白対策にどこまで有効なのか。また、ビタミンCを配合した美白サプリとして摂取する場合、どんなサプリメントを選ぶほうがよいのか?気になる情報ではないでしょうか。

実はビタミンCはシミ・くすみの「改善」も期待できますが、「予防」が得意な成分です。今回は、美白目的のビタミンC配合のサプリの選び方から有効な飲み方・注意点までのすべてをわかりやすく解説させて頂きました。

これから美白のためにビタミンCの摂取を検討している方には是非参考にして頂けたらと思います。

1.ビタミンCが含まれる美白サプリの種類

ビタミンCには、メラニン生成の元になる酸化反応を抑える作用(還元作用)があり、摂り続けることで、すでにあるシミを薄くする働きがあり、特に肌のコラーゲンの生成を促す作用が期待できるため、肌のバリア機能を高め、結果的にシミやくすみができるのを予防する高い効果が期待できます。

・ビタミンCの成分名の種類と選び方

美白サプリにも含まれているビタミンCには全部で4種類あり、商品欄の成分名となるのがアスコルビン酸です。そのほか、「L-アスコルビン酸」「アスコルビン酸ナトリウム」「アスコルビン酸カルシウム」などが記載されています。

ビタミンCの持つ還元作用があるのは「L-アスコルビン酸」というもので、こちらが正式名称。アスコルビン酸とL-アスコルビン酸は同じものと考えてOKです。

アスコルビン酸は、構造が不安定であり酸化しやすいという性質があります。そのため、安定性を高めるために、ミネラルと結合させたのが、アスコルビン酸ナトリウムやアスコルビン酸カルシウムです。

しかし、安定性を高めたアスコルビン酸ナトリウムやアスコルビン酸カルシウムを摂取した方が、吸収率がよいというわけではないので、健康な人であればいずれのアスコルビン酸を選んでも問題ありません。健康上の理由で、塩分制限が必要な人はアスコルビン酸ナトリウムではないものを選ぶのがおすすめです。

 

2.ビタミンCの摂取はシミ・くすみの予防対策として有効

ビタミンCの美白の予防する働きは高く、積極的に摂取することで、日焼けしにくくなったり、シミやくすみができにくくなったりという効果が期待できるためシミ・くすみの予防対策として飲むことが望ましいです。

ビタミンCの摂取では、シミやくすみが薄くなる作用はありますが、一度できたシミやくすみを短期間で完全に消すのはやはり難しいといえます。シミの症状によっては、美白サプリの効果を実感しにくい人もいます。

メラニンの生成の抑制や、黒いメラニン色素を薄くする効果のあるビタミンCを摂取すれば、シミを消すことができるように思われますが、素早い効果が期待できるというわけではありません。

・美白のためのビタミンCは1日に1000㎎まで

健康を保つために成人が1日に必要とするビタミンCは100㎎。最近では、2500㎎のビタミンC点滴のようなものもありますが、美白のために積極的にビタミンCを取りたいのなら、許容量である1000㎎までとされています。

ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、一度に過剰摂取をしても、数時間後には体外へ尿として排泄されます。しかし、これも限度は1000~2000㎎まで。それ以上になると、下痢やお腹が張る症状も報告されています。

また、ビタミンCなどの栄養素は一度に吸収できる量に上限があるので、1日一度に摂取するのではなく、数回に分けて摂取するのが効果的です。

3.ビタミンCの美白の相乗効果をサポートする成分

美白効果を高めるには、ビタミンCを単独で摂取するのではなく、美白効果のあるそのほかの成分を合わせると相乗効果を期待できます。ビタミンCと一緒に肌の美白をサポートする成分は以下のものになります。

・L-システイン
シミやくすみの原因となるメラニン色素が作り出されるのを抑える効果のほかに、メラニン色素を体の外に排出させる作用があります。L-システインは体内で合成できるアミノ酸の一種で、材料となるメチオニンを取ることで、L-システインの体内合成を助けることができます。メチオニンを多く含む食品は、肉類、魚類、豆類、乳製品などタンパク質を多く含む食品全般となります。

・パントテン酸
新陳代謝を促すことで、肌のターンオーバーを整える作用があり、シミだけでなく、ニキビや湿疹などの肌トラブルの改善にも効果があります。パントテン酸という名前は「あらゆる物に含まれる」という意味からつけられており、炭水化物やタンパク質の食品、野菜類など微量に含まれています。

なお、美白サプリで含まれているパントテン酸は、水に溶けやすくなるように、パントテン酸カルシウムとして配合されていることがほとんどです。

4.ビタミンCとサポート成分が配合のおすすめの美白サプリ

シミやくすみ対策にビタミンCやそのほかの成分をきちんと摂取したいけれど、難しい…という人もいるのでは?以下に市販でお手頃に購入できるビタミンCを配合し、そのサポート成分が配合されたシミやくすみなどに効果の期待できる、美白サプリを紹介します。

ハイシーホワイト

製造会社;タケダ製薬

価格:2,180円(60錠) 3,980円(120錠) 5,780円(180錠)※1日4錠

ハイシーホワイトは、アスコルビン酸600㎎、L-システイン160㎎、パントテン酸カルシウムを30㎎配合。製薬会社のタケダから販売されているので、商品の信頼性もあり安心です。


 

DHC エルシスホワイトC

製造会社:DHC
価格:1,762円(180錠) ※1日量は6錠

DHC エルシスホワイトCは、1日分で、アスコルビン酸カルシウム363mgに、L-システインは1日の最大量である240㎎、パントテン酸カルシウム24mgを配合。ビタミンCとしてのアスコルビン酸は300㎎になりますが、低価格で購入できるのが嬉しいですね。


ハイチオールC

製造会社:エスエス製薬

価格:1,620円(60錠)、4,536円(180錠) ※1日量は6錠

美容に興味のある人なら一度は耳にしたことのある美白サプリ、ハイチオールC。ビタミンC500㎎に加え、L-システインの1日の最大量である240㎎、パントテン酸カルシウム24㎎を配合しています。

・シミ・くすみを改善するなら美白有効成分が配合されたサプリを選ぶ

ビタミンCは予防として有効ですが、シミやくすみを改善するためには、それらの美白の症状に対し有用性が認可された成分が配合された美白サプリを飲むことが好ましいです。

以下のページにシミやくすみ・肝斑などに対し、美白の有用性が認可された成分が配合された美白サプリメントの成分やサプリメントを紹介しておりますので、シミ・くすみを改善を目的とする方は一度参考にして頂けたら幸いです。

参考ページ:【美白サプリの取説】シミ・くすみを美白に導くサプリのミカタ

5.ビタミンCが普段の生活で消費されるからこそ毎日摂取が必要

抗酸化作用のあるビタミンCは普段の生活のなかで常に消費されるので、美白対策をするのなら、毎日に摂取することが大切になります。

それと同時に気をつけたいのがビタミンCを消費させる生活習慣。以下のような生活習慣は、ビタミンCを消費させるもので、習慣がある方は、摂取量を多めにするか、なるべくはビタミンCを消費する生活習慣を控えることが望ましいです。

・喫煙
「1本のタバコを吸うと、レモン半個分のビタミンが消費される」といわれるように、喫煙による体のストレス反応はビタミンCを消耗させます。

・ストレス
抗酸化作用のあるビタミンCは、体内のストレス反応に対抗するためにより多く消費されます。

・飲酒
お酒に含まれているアルコールを分解するのに、ビタミンCが利用されます。

・激しい運動
激しい運動は活性酸素の産生も多くなるので、その分ビタミンCが消費されます。

・かぜ
「かぜにはビタミンC」とよくいわれますが、かぜなど病気にかかると、ウイルスや菌に対抗する白血球中のビタミンCの消費量が増えます。

6.まとめ

ビタミンCにはシミやくすみを薄くする働きはありますが、早期に効果が期待できるものではなく、それらの美白目的のための予防として飲むことが特に有用です。

シミやくすみを改善を目的とする場合、ビタミンCだけではなく、美白効果の優位性が認可された成分を配合した美白サプリを選ぶことが好ましいです。

ビタミンCは美肌には欠かせない成分で普段の生活のなかでも消費するため、常に摂取したい成分です。喫煙やお酒、ストレスなどの生活習慣はビタミンCを大量に消費することから、美肌を取り戻すためにはこれらの生活習慣も見直すことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます