監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

塗る・飲むだけじゃない!トラネキサム酸の美白ケア方法を全解説

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トラネキサム酸での美白ケアパーフェクトガイド

「トラネキサム酸は、デリケートゾーンや敏感肌でも使用できるほど低刺激な美白成分」「肝斑の治療ならトラネキサム酸の内服薬が良い」など、サイトや雑誌でトラネキサム酸という言葉を聞いて試してみようかな?と興味を抱いている方は多いのではないでしょうか?

トラネキサム酸とは、もともとは止血剤として使用されていた成分でしたが、投与していた方の肝斑が改善されたことから美白作用の研究が始まり、現在では美白有効成分として化粧品から注射・点滴まで様々な方法で使用されています。

刺激性が少ないという特徴から、特に敏感肌やデリケートゾーンの黒ずみの美白ケアとして多くの化粧品に配合されています。

より高い効果を得たい方は美容皮膚科で注射やイオン導入などを検討してみても良いでしょう。今回は、美白成分トラネキサム酸の効果や取り入れ方・注意点をご説明いたします。

1.トラネキサム酸は2つの美容効果が期待できる成分

トラネキサム酸は2つの美容効果が期待でき、シミや肝斑を改善する「美白効果」と、肌荒れやニキビを改善する「美肌効果」で透明感のある美肌へと導きます。

美白効果には、シミやくすみの原因となるメラニン色素を作らせない作用が役立ち、美肌効果には、炎症を鎮めたり、アレルギー反応を抑える作用が役立つことで、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの予防・改善に効果的です。

★トラネキサム酸の美容効果
・色素沈着による黒ずみ・シミ・ニキビ跡の改善・予防
・メラニン増加による黄ぐすみの改善
・肝斑の改善・予防
・肌荒れやニキビの炎症を抑える

トラネキサム酸での美白ケアは、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)促進するビタミンCやビタミンB群と一緒に取り入れることで、より高い美白効果が期待できます。

2.トラネキサム酸の美白方法の種類と選び方

トラネキサム酸を使用した美白ケアには、美白化粧品や内服薬、点滴、イオン導入など様々な方法がありますが、ご自身が気になっているシミの種類と美白方法の特徴を参考にして選ぶと良いです。

高い美白効果が期待できるのは、美容クリニックなどで行う水光注射やイオン導入ですが、通院の手間や痛みなどのデメリットがあるため、気軽に美白ケアを始めたい方は、美白化粧品や内服薬、家庭用イオン導入器をおすすめします。

以下の美白ケアでは、赤~薄茶色のシミやニキビ跡、肝斑・くすみに効果が期待できます。濃いシミやクレータータイプのニキビ跡には美容皮膚科での光治療やレーザー治療などが効果的です。   

【トラネキサム酸の美白ケア方法の種類と特徴】

種類 効果 特徴 デメリット
水光注射 【美白効果】★★★☆☆
シミ・くすみ・ニキビ跡の改善・予防
・肌負担(針で穴をあける)が強く、内出血を起こす可能性がある
・細い針で気になる部位に注入する方法
・美白効果・即効性・持続性も高い
点滴 【美白効果】★★☆☆☆
くすみ・肌荒れ・肝斑の改善・予防
・針を刺す痛みがある
・特定のシミへの効果は低い
・成分を直接血液(静脈)に注入する方法
・即効性は低いが全身の美白ケアができる
イオン導入 【美白効果】★★☆☆☆
シミ・くすみ・ニキビ跡・肝斑の改善・予防
・肌荒れがひどい時はできない
・特定のシミへの効果は低い
・微弱な電流で肌の奥に浸透させる方法
・顔全体を集中的に美白ケアができる
内服薬 【美白効果】★☆☆☆☆(肝斑には◎)
シミ・くすみ・肌荒れ・肝斑の予防
・効果を実感できるまで数カ月以上かかる
・継続する事でシミになりにくい肌へと導く
・肝斑治療には最も効果的な治療法
美白化粧品 【美白効果】★☆☆☆☆
・紫外線によるシミ・そばかすの予防
・シミの予防なので、今できているシミへの効果は低い
・毎日のスキンケアでシミ・そばかすの予防に効果的

3.美白・毛穴の開き・シワたるみに有効な水光注射治療

水光注射とは、非常に細い針がついた機械で、肌に小さな穴を開けながらトラネキサム酸を肌内部に注入していく治療方法です。肌内部に直接有効成分をいれるため、シミやくすみの改善など高い美白効果が期待できます。

水光注射は肌の悩みに合わせて、ビタミンCやプラセンタ、ヒアルロン酸などを調合できるので、美白以外にも毛穴や小じわ、ハリなど幅広い肌トラブルに効果を発揮します。

肌に針を刺すため多少の痛みを伴いますが、麻酔クリームが使用できます。施術後は内出血や少量の出血の可能性がありますが、針の長さや肌状態により数時間~3日ほどで解消することが多いため大きな心配はいりません。

肝斑の場合は、針の刺激によって悪化する可能性もあるので、施術前のカウンセリングでしっかり相談してください。

メリット デメリット
・直接患部に注入するので美白効果が高い
・おでこや目の下、手の甲などピンポイントで美白ケアができる
・持続性がある(1か月程度)
・痛みがある(通常は麻酔をします)
・極細のハリを刺すため内出血する可能性もある
・肌に負担がかかる

【費用】
・1回:15,000~50,000円

【治療時間】
・30~60分

【効果が出るまでの期間】
・月に1回、3ヵ月以上の継続 (その後3ヵ月に1回のメンテナンス)

【施術可能な場所】
・美容皮膚科、美容クリニックなど

【注意事項】
・妊娠・授乳中、通院中の方は事前に医師に伝えてください。
・ニキビや肌荒れの炎症がひどい場合は治療ができない場合もあります。
・当日血行が良くなるサウナや激しい運動、大量の飲酒は控えてください。

4.全身のシミや肌荒れに有効な点滴治療

トラネキサム酸の点滴治療は、成分を直接体内に取り込むので、内服薬と比べて吸収率が高まります。有効成分が全身を巡るため肝斑の改善、背中や腕などを含めた全身の美白や肌荒れの改善におススメです。

治療前に医師が診察して、シミや肌の状態、その日のコンディションなどに合わせて、トラネキサム酸やビタミン類、プラセンタなどを調合するので、美白以外に血行不良や乾燥などにも効果が期待できます。

治療後はそのまま歩いて帰宅でき、メイクやお風呂も当日から可能です。

メリット デメリット
・全身のシミ・肝斑に効果的
・髪の毛の潤い感アップも期待
・持続性がある(2~4週間程度)
・ニキビや肌荒れで炎症が起きている時も治療できる
・敏感肌・乾燥肌でもできる
・ハリを刺す時の痛みがある
・特定の部位のシミには効果が低い

【費用】
回:4,000~10,000円

【治療時間】
・30~60分

【効果が出るまでの期間】
・2~4週間に1回、2ヵ月以上の継続

【施術可能な場所】
・美容皮膚科、美容クリニック、皮膚科など

【注意事項】
・妊娠・授乳中、通院中の方は事前に医師に相談してください。
・血栓のある方、高血圧の方は症状が悪化する可能性が高まるので事前に医師に確認してください。
・稀に副作用として、食欲不振・胸やけ・頭痛などあります。

5.肌負担が少なく美白ケアできるイオン導入    

イオン導入(別名:エレクトロポレーション)とは、微弱な電流を流して肌のバリア機能を緩め、トラネキサム酸を肌の奥へと浸透させる方法です。施術中の痛みもなく終わったらいつも通りの生活ができるので、肌負担をかけずに美白ケアをしたい方におすすめです。

イオン導入は肌内部にしっかりとトラネキサム酸を浸透させるため、赤~薄茶色のニキビ跡などのシミや肝斑の改善に効果的です。プラセンタやビタミンC誘導体などのイオン導入もありますが、トラネキサム酸には炎症を抑える作用があり、肌刺激が少ないので、敏感肌の方に適しています。

美容皮膚科のイオン導入は、家庭用イオン導入器と比べ高い出力のため、より高い美白効果が期待できます。家庭用イオン導入器を使用する場合は、トラネキサム酸配合の化粧水や美容液などを用意する必要がありますのでご注意ください。

メリット デメリット
・痛みがほぼない
・肌への負担がない
・自宅でもできる
・点滴や内服薬よりは効果を実感しやすい
・持続性は低い(数日~1週間)
・家庭用イオン導入器の場合は、美白化粧品も必要

【費用】
・1回:5,000~12,000円
・家庭用:2,000~50,000円(1台)

【治療時間】
・10~60分

【効果が出るまでの期間】
・1~2週間に1回、3ヵ月~半年以上継続

【施術可能な場所】
・美容皮膚科、美容クリニック、エステサロン、ご自宅など

【注意事項】
・妊娠・授乳中、通院中の方は事前に医師に相談してください。
・ニキビや肌荒れの炎症がひどい時は治療ができない場合もあります。
・心臓ペースメーカー、金属プレートが体内にある方は施術ができません。

6.肝斑治療と長期的なシミ予防に有効な内服薬

トラネキサム酸錠やトランサミン錠、トランシーノⅡといったトラネキサム酸が配合された内服薬は、長期的に服用することで体の内側からシミの原因に働きかけるので、肝斑治療やシミ・くすみの予防、肌荒れの改善をしたい方におススメです。

市販薬よりも病院で処方してもらう内服薬の方が、トラネキサム酸の配合量が多く様々なシミの種類にも対応可能なため、より高い美白効果を求める方には処方薬がおススメです。トラネキサム酸の他に、肌代謝を高めるビタミン剤も一緒に処方されます。

市販薬では「トランシーノⅡ」という内服薬がトラネキサム酸が配合されています。ただし、肝斑への改善効果は認められていますが、その他のシミへの効果に関する実験データはないので、肝斑が気になる方のみ服用してください。

詳しい情報は「肝斑が気になるなら断然トランシーノⅡ」こちらをご参考ください。

メリット デメリット
・肝斑の改善に有効
・食後に飲むだけなので、続けやすい
・継続する事でシミや肌荒れに強い肌になる
・肌への負担がない
・ニキビや肌荒れの炎症を抑える
・肌質に関係なく服用できる
・効果を実感するまで3か月以上かかる場合もある
・毎日欠かさず飲まなければいけない

【費用(1か月)】
・処方薬:2,500~5,000円
・市販薬:3,400円

【効果がでるまでの期間】
・処方薬:肝斑・シミの改善・予防として2ヵ月~1年以上の長期的な継続が好ましい
・市販薬:2ヵ月
※市販薬は2ヵ月以上の安全性の実験がされていない為、それ以上の服用ができません。2ヵ月のお休み期間を挟んだ後にまた服用を再開できます。

【購入方法】
・処方薬:皮膚科や美容皮膚科での医師の診察後に処方される(基本的に保険適用外)
・市販薬:ドラックストアやネットショップで薬剤師の問診後に購入可能

【注意事項】
・妊娠・授乳中、通院中の方は事前に医師に相談してください。
・血栓のある方、高血圧の方は服用は控えてください。
・稀に副作用として、食欲不振・胸やけ・頭痛などあります。
・トラネキサム酸の内服薬を服用中に手足が異常にむくむ場合は、血栓ができている可能性があるので、すぐに医師に相談してください。

7.トラネキサム酸配合の「美白化粧品」の特徴・注意点

トラネキサム酸配合の美白化粧品は、紫外線によるシミ・そばかすの予防や色素沈着が原因による黒ずみのほか、肌荒れの改善に効果が期待できます。トラネキサム酸は、美白成分のなかでも肌負担が少ないとされているため敏感肌・乾燥肌だけでなく脇やデリケートゾーンなどのケアにも使うことが可能です。

参考ページ:丸ごと教える!正しいデリケートゾーンの黒ずみケアの全手順

美白化粧品は、注射やイオン導入と比べると肌への浸透力が弱いですが、スキンケアとして毎日使用するので、美白ケアとしては取り入れやすく継続しやすいアイテムになります。

美白化粧品を選ぶ際は、以下の2点がポイントです。
・医薬部外品と記載がある
・保湿成分が配合されている

医薬部外品に配合できる有効成分には、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンなどがあり、厚生労働省に美白効果を認められている成分です。

保湿効果が高いと、肌のキメが整い美白成分が浸透しやすくなります。代表的なものにはヒアルロン酸やコラーゲンなどがあり、その他フルーツや花のエキスなど様々なのものがあります。

また、トラネキサム酸の配合量が少ないと、美白ではなく「肌荒れ」の有効成分となっていますので、美白目的の際はパッケージなどに「美白有効成分」の記載があるかを確認してください。

メリット デメリット
・毎日のケアなので継続しやすい
・ネットやドラックストアで手軽に購入できる
・種類が豊富
・肌への負担がない
・妊娠・授乳中でも使用可能
・予防的な効果が強いので、効果を実感しにくい
・自分に合うもが見つかるまで時間がかかる可能性もある

【価格】
・数百円~数万円
※成分の種類や濃度、広告方法などによって大きく変わります。

【効果がでるまでの期間】
・シミ予防として半年~1年以上の長期的な使用が好ましい。

【注意事項】
・添加物などでアレルギー反応を起こしかゆみや赤みが出る場合もあります。詳しくは「明確に教える!美白化粧品で肌が赤くなる原因と対処方法」をご覧ください。

■美白化粧品のトライアルセット

トラネキサム酸配合の美白化粧品を使ってみたいけれど、肌が赤くなったり、ピリピリしないか心配な方には、化粧水・美容液・乳液・クリームが数日分入って、肌との相性や香り、使い心地を一気にチェックできるトライアルセットがおすすめです。

今回は、敏感肌の方でも使用できる低刺激性で保湿成分たっぷりの商品と、より高い効果が期待できる浸透力の高い商品を2点ご紹介いたします。

肌への優しさを考えた低刺激性・徹底保湿
トランシーノ 薬用スキンケアシリーズ

トランシーノのトライアルセットで美白ケア

セット内容:化粧水・美容液・乳液・夜用クリーム 各2日分
価格:500円(税抜)

敏感肌や乾燥肌のシミ予防におススメの美白化粧品です。美白成分以外にスクワランやアンズ果汁などの潤い成分も配合されているので、ターンオーバーの促進や透明感アップ、肌のくすみ感にも効果が期待できます。無香料・無着色・低刺激性で肌にやさしい処方です


2種類の美白有効成分をバランスよく配合
HAKU トライアルセット

HAKUトライアルセットで美白ケア

セット内容:化粧水30㎖、美容液5g、乳液20㎖(約1週間分)
価格:1,000円(税抜)

紫外線によるシミを徹底的に予防したい方におススメの美白化粧品です。保湿より美白に特化しているので、化粧品から乳液までHAKUブランドだけを使用するなら、オイリー肌や普通肌の方に向いています。2種類の美白成分がバランスよく配合されていて、高い浸透力が特徴です。

■普段のスキンケアでおすすめの美白美容液

トラネキサム酸の美白ケアを毎日のスキンケアに取り入れるなら「美容液」がおすすめです。一般的に美容液は、同じメーカーの化粧水やクリームと比べて有効成分が高配合なのでより高い美白効果が期待できます。

トラネキサム酸配合の美白美容液の中から、成分の組み合わせや改良などでトラネキサム酸の肌への浸透力や持続性が高い美容液を2点ご紹介いたします。

肌になじみやすいトラネキサム酸「TXC」配合
シャネル ル ブランセラム HLC

シャネルの美白美容液

価格:16,000円(30mg)
美白有効成分:TXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)
保湿成分:ウメフラワーエキス、パールエキス、ナリッシングオイル

乾燥が強く、紫外線を浴びる機会が多い方におすすめの美白美容液です。肌になじみやすく持続性の高いトラネキサム酸「TXC」配合でより高い美白効果が期待できます。肌荒れ、乾燥を防ぐパールエキス・梅花エキスなどの保湿成分が配合されています。


2種類の美白有効成分をバランスよく配合
資生堂HAKU メラノフォーカス3D

HAKU美白美容液

価格:7,560円(30g)
美白有効成分:トラネキサム酸、4MSK
保湿成分:ユリエキス、ヒアルロン酸Na

美白有効成分が2種類配合されているので、紫外線によるシミを徹底的に予防したい方におすすめの美白美容液です。保湿成分は少ないので、オイリー肌や普通肌の方に向いています。乾燥肌や敏感肌の方は、保湿力の高い化粧水やクリームと併用すると良いです。

■保湿効果の高い美白シートマスク

シミ・くすみの集中ケアでは、トラネキサム酸と保湿成分が多く含まれた美白シートマスクもおすすめです。そのなかでも、美白成分だけでなく保湿成分もたっぷり含むシートマスクと、普段使いしやすいシートマスクをご紹介します。

気になるシミ肌を集中ケア
ナビジョンDR TAホワイトマスク

ナビジョン美白シートマスク

価格:10,000円(60枚入り)
美白成分:トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩
美容成分:アセチルヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸、オリーブ葉エキス

シミ・そばかすの気になる肌を集中的にケアをしたい方におススメのシートマスクです。顔全体ではなく、頬を覆うくらいの大きさになっています。2種類の美白有効成分と、高保湿成分のアセチルヒアルロン酸Na配合なので、週に1回のスペシャルケアにおすすめです。


コスパ優秀で毎日でも使いたい
コーセー クリアターン エッセンスマスク

コーセークリアターン美白シートマスク

価格:700~1,000円(30枚入り)
有効成分:トラネキサム酸
美容成分:トレハロース誘導体、テアニンGL、クエン酸

プチプラで普段使いしやすいトラネキサム酸配合のシートマスク。角質柔軟成分が配合されているので、角質深部まで有効成分が浸透。保湿成分配合で美白以外にハリ・潤いを与えるアンチエイジング効果も期待できます。肌に優しい弱酸性、無香料、無着色、無応物油です。

8.白く美しい肌になる為にはセルフケアでの「シミ予防」が最も重要

美白を妨げるシミの最大の原因は、「メラニン色素が作られ、溜まること」です。そのため、美白化粧品の使用だけでなく、紫外線対策も行ってメラニン色素を作らせないこと、メラニン色素を排出する事が重要になります。

メラニン色素を作らせないためには、日焼け止めクリームや日傘などで年間を通してUV対策をする事が大切です。UVケア方法は以下で紹介していますのでご参考ください。
参考ページ:UVケアは年間を通して毎日行う

メラニン色素を排出するためには、肌のターンオーバーを促進させることが重要なので、スクラブなどの角質ケアや、食生活の見直し、入浴などが効果的です。

スクラブの正しい選び方や使い方は以下にまとめていますのでご参考ください。
参考ページ:
スクラブ選びは塩や砂糖を使ったキメの細かいものがベスト

ターンオーバーを促進させる栄養素と食べ物、適切な摂取量を以下にまとめていますので、ご参考ください。
参考ページ:肌のターンオーバーを促進させる食べ物で色素沈着を改善

このほか、ターンオーバーの促進に役立つ入浴方法や入浴剤は「美白入浴剤のトリセツ・白肌を作る選び方から入浴方法の秘訣」にまとめていますのでご参考ください。

まとめ

トラネキサム酸は「美白」と「肌荒れ」に有効な成分で、美白ケアとして取り入れる方法には、注射や点滴、イオン導入、内服薬、美白化粧品などがあります。

そのなかで美白効果が高いのは、美容クリニックで行う注射やイオン導入ですが、毎日の美白ケアでは内服薬や美白化粧品でのセルフケアがおすすめです。ご自身の気になるシミの種類や美白効果を参考にケア方法を選んで頂ければと思います。

スキンケアに取り入れるなら、効果を実感しやすい美容液やパックなどから始めるのがおすすめです。敏感肌の方はトライアルセットを活用することで、失敗を防ぐことができます。

また、よりトラネキサム酸の美白効果を高めるためにも、UVケアやピーリングなどのケアも行うようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで最新情報をチェック

関連ワード

Twitter・RSSでも購読できます