監 修

上田 弥生院長

産婦人科専門医 美容皮膚科医
キュアクリニック恵比寿 院長 上田弥生

セルフでピンク色♪乳首の黒ずみ解消クリームの選び方と厳選3アイテム

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ちくび黒ずみクリーム

滅多にみられる部分ではないけど、どうしても気になってしまう乳首の黒ずみ。

相談しづらい部分で、一人で悩んでしまう方も多いと思います。

乳首の黒ずみを薄くしたり、ピンク色にするには、黒ずみの原因であるメラニン色素の「排出」と「抑制」が必須となり、その2つの働きを考えた『乳首の黒ずみ用クリーム』で対策することができます。

今回は、乳首の黒ずみに有効な成分をご紹介した上で、おススメのクリームをご紹介しますので、ご参考にして頂ければと思います。

1、乳首の黒ずみ用クリームは「美白」と「保湿」に注目する

乳首の黒ずみ用クリームは美白と保湿に注目

乳首の色は、メラニン色素の量が多いと茶色~黒色になり、少ない時は薄い色、ピンク色となります。その為、乳首の黒ずみを薄くしたい、またはピンク色に近づけたい場合はメラニン色素が少ない状態で維持する必要があり、それを実現させるのが美白成分、保湿成分の2つとなります。

日本人は皮膚の黒い色素となる『メラニン』が多い傾向にあるので、乳首の色は「茶色」や「黒色」に近い人が多いです。生まれつきピンク色をしていない限り、自然と薄くなる事もありません。

乳首に黒ずみが発生する原因としては、女性ホルモンの分泌量が上がること(生理時や妊娠など)、ブラの摩擦などの日常的な刺激からもメラニンの生成が行われます。

皮膚科などの医療機関では、メラニンを排出するトレチノイン(ビタミンA)、メラニンの生成を抑えるハイドロキノン、この2つのクリームを同時に使用する治療法を行いますが、ここでは、一般でも使用できるクリームについてご説明します。

医療機関で処方されるクリームより効果は劣りますが、その分、副作用のリスクも少ないと言えます。また、ご自身で乳首の黒ずみ対策をしたい場合の最適なクリームが分かります。

1-1、メラニン色素の排出を促す「保湿成分」

メラニン色素を排出する保湿成分

ターンオーバーの促進、メラニン色素の排出が期待できるのは、「セラミド」や「ヒアルロン酸」といった『高浸透保湿成分』になります。

これらの成分は、表皮の角化細胞を増殖させる働きがあり、ターンオーバーの正常化も早める為、メラニンの排出に役立ちます。

セラミドやヒアルロン酸は体内に存在しており、肌刺激も少なく「かゆみ」や「赤み」といった副作用の心配も少ないので、乳首のケアに適した成分です。

しかし、乳首はメラニンの生成が頻繁に行われる部分のため、これらで黒ずみ予防はできても、次にご紹介する『メラニン生成の抑制』まで行わなければ、乳首の色を薄くするまでには至りません。

【豆知識】

メラニンの排出を行う成分で有名な「レチノールが配合されたクリーム」ですが、市販や店頭での入手は難しく、かつ良質な商品を見極めるのが難しいため推奨していません。

1-2、メラニンの生成を抑制する「美白成分」

メラニンの生成を抑制する美白成分

美白成分には、メラニン色素を生成する「メラノサイト」の活動を抑制させる働きがあり、乳首の黒ずみの原因となるメラニン色素を溜めこまないようにする働きがあります。

厚生労働省が「メラニン色素の生成を抑制する働きがある」と認めたものが美白成分に該当しますが、その中でも皮膚が薄い乳首には、「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」「アルブチン」など、肌への刺激が少ない成分が配合されたクリームを使用することが大切です。

【注意点】

黒ずみ対策で、最も効果が高い美白成分は「ハイドロキノン」となりますが、肌刺激がとても強く、医師が慎重に扱うべき成分と言われているため、市販品のハイドロキノンは慎重に使用する必要があります。

2、乳首の黒ずみ解消向けのクリームの成分比較

乳首の黒ずみを解消するには、「メラニンの排出に役立つ保湿成分」「刺激が少ない美白成分」の2つが含まれている事が重要です。加えて、「添加物が抑えられている」ことも視野に入れて選ぶと良いでしょう。

以下に、乳首の黒ずみ解消に役立つクリームをご紹介します。

商品 保湿成分 美白成分 価格・容量 添加物
ホスピピュア スクワラン、

シアバター

トラネキサム酸 ・5500円

30g(約1カ月分)

フェノキシエタノール
イビサクリーム ヒアルロン酸、ローズ水、グリセリン トラネキサム酸 ・4970円

35g(約1カ月分)

フェノキシエタノール
ちふれ 美白オールインワン・ジェル ヒアルロン酸

、トレハロース、油容性甘草エキス

トラネキサム酸 ・1100円

108g(約3カ月分)

メチルパラベン
肌研 白潤美白クリーム ヒアルロン酸、グリセリンBG ビタミンC誘導体、アルブチン ・1317円

50g(約1カ月半分)

パラベン、フェノキシエタノール
ホワイトプレミアムラグジュアリー ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン アルブチン ・5980円

25g(約1カ月分)

フェノキシエタノール

価格や容量、成分にも違いがありますが、最も効果が期待できる商品については以下にてご紹介しています。

2-1.効果が高い乳首の黒ずみ解消向けクリームベスト3

黒ずみ対策に有効な成分を効果順に並べると、

①トラネキサム酸
②ビタミンC誘導体
③アルブチン

この順番となります。

ほか、できる限り天然由来の成分にこだわっているか、添加物は抑えられているかという点も重要です。添加物として多くの製品に必要な「防腐剤」ですが、「パラベン類」よりも「フェノキシエタノール」の方が刺激は少ないとされています。

これらを考慮して効果順に並べると、以下の3つがオススメできる乳首の黒ずみ解消クリームです。

1位 ホスピピュア

「ホスピピュア」の画像検索結果

天然由来成分にこだわり、敏感肌にも使える
スクワランとシアバターが潤いをしっかり保護
脱色剤不使用で、自然なピンク色が目指せる

>> ホスピピュアの詳細はこちら

2位 イビサクリーム

「イビサクリーム」の画像検索結果
8種類もの潤い成分がメラニンの排出をサポート
合成・香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンフリー
乳首以外の全身にも使えるタイプ

>>  イビサクリームの詳細はこちら

3位 ちふれ 美白オールインワン・ジェル

「ちふれ オールインワンジェル」の画像検索結果
全身にも使用できる美白ジェル
ヒアルロン酸、トレハロース、油溶性甘草エキスがしっかり保湿
アルコールフリーで敏感肌でも使用できる

>>  ちふれ美白オールインワンジェルの詳細はこちら

これら3つの商品に共通している事は、安全かつ美白効果が高い成分『トラネキサム酸』が配合されている点です。この他、肌負担が少ないように配慮がされているか?という点も重要となります。

2-2 クリームの効果的な使い方と注意点

乳首の黒ずみ解消クリームは、1日2回、成分が浸透するように塗ることで効果が発揮されやすくなります。強い敏感肌の方は、パッチテストを行ってから使用しましょう。

【クリームの使用手順】

①手のひらに、乳首や乳輪に広がる程度のクリームを出します。

手のひらにクリームをのせる

②成分を浸透させる為、マッサージをするように塗り込みます。

クリームの効果的な使い方

※ムダなく塗りたい場合は二本指(人差し指と中指)のみ使うと良いです。

【使用タイミングや回数】

乳首黒ずみ用のクリームの使用タイミングや回数

起床後と眠る前などで、1日2回。清潔で成分が浸透しやすくなっている『お風呂上り』や『シャワー後』がベストです。

先に紹介した商品は、肌負担が少なく抑えられている為、敏感肌でも問題ありませんが、心配な方はパッチテストを行うと良いでしょう。方法としては、クリームを二の腕や太ももといった皮膚の柔らかい部分に塗り(10円玉ほど)、24時間経過してもかゆみや赤みの反応がないかを確認します。

異常がなければ、使用を続けても問題ないと言えます。

3、理想の色に近づくまで早くて1~2カ月かかる

理想の色に近づくまでの期間は1~2カ月

生まれつき乳首の色が薄い方でも、ピンク色や薄くなるまでは最低でも3か月、皮膚科で処方されるクリーム(トレチノイン・ハイドロキノン)でも、早くて1~2カ月ほどとされています。

メラニン量は生まれた時にある程度決まっていて、同様に乳首の色にも差がありますので、クリームで色を薄くするにはかなり個人差があります。

乳首に限らず黒ずみを解消するクリームは、肌のターンオーバーを正常化しメラニンの排出を促しながら、美白成分の作用を利用するものです。

市販で販売されるクリームは、肌に異常が起きない程度まで肌刺激を抑えている為、濃度も皮膚科に比べると低くなっています。医療機関で行う治療のように目に見えて効果が現れるのには、個人差もある為、途中で使用をあきらめてしまう方も多いかと思います。

そのため、使用前に黒ずみの写真を撮っておき、1か月ごとに比較すると、効果を実感しやすくモチベーションも上がりやすくなります。それに伴って、クリームを継続することに繋がるでしょう。

ただし、ブラのサイズ違いによる擦れで、メラニンの生成が過敏になり、効果が得られにくいということもありますので、今一度ブラのサイズを新調してみるもの良いです。

4、まとめ

乳首の黒ずみ解消クリームでは、『保湿成分』と『美白成分』の2つが重要という事はご理解頂けたでしょうか。

保湿成分は多くのものがあり、判断しにくいものですが、美白成分においてはトラネキサム酸が安全かつ効果が高いという事が分かっている為、選びやすいかと思います。

しかし、乳首の色は生まれつきのメラニン量で決まっているので、効果を実感できるまでの期間は違ってきます。より早く効果を実感したい方は、皮膚科での対処法がおススメです。

今回の記事で、乳首の黒ずみを解消できるクリームが分かり、理想の色に近づくキッカケとなれば幸いです。

関連ページ: これで最終!脇の黒ずみを治す為の全手法【完全版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

お悩み別ワード

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*