監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

素早くできるムダ毛処理!除毛クリームの選び方と正しい使用手順

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

除毛クリームの効果はどのくらいなのか、どんな部位にも使用していいのか気になる方は多いかと思います。

除毛クリームは、毛剃りでは難しい箇所も簡単にムダ毛処理できますが、場合によっては肌刺激が強くて使用できない方もいらっしゃるので注意が必要です。

ここでは、除毛クリームが適している方、剛毛または敏感肌でも使用できる除毛クリームの選び方、注意点までご紹介しています。

1:除毛クリームは素早く確実にムダ毛処理をしたい方に有効

除毛クリームは、広い範囲を5~10分ほどでムダ毛処理できるアイテムです。持続効果は1~3日ほどで、海やプール、ドレスを着る時など、1日だけでも確実にムダ毛処理をしたい時に役立ちます。また、二の腕や太もも、背中など、カミソリで処理しづらい箇所にも有効的です。

除毛クリームには『チオグリコール酸カルシウム』という、パーマ液のような独特の匂いがする有用成分が配合されており、毛の主成分である「ケラチン」というタンパク質を溶かします。

毛穴から出ているムダ毛だけを溶かす為、多くの場合は痛みはなく、仕上がりも良いですが、皮膚もタンパク質から作られているので、肌質が弱い方は、肌荒れや赤み、かゆみ、かぶれなどの肌トラブルが起きる可能性があります。その為、使用を続けていきたい方は、肌の様子を確認しながら2~3日の間隔を空けて使用した方が良いでしょう。

【除毛クリームの注意点】

・除毛クリームはIOラインといった粘膜には使用できません。どうしても処理したい方は、安全に深剃りができる電気シェーバーがおすすめです。

参考:こんな電気シェーバーが欲しかった!安全に深剃りできるアイテム5選

・顔に使用したい方は、『顔専用の除毛クリーム』を選びましょう。

・使用量が多いほど費用も掛かります。

 

■市販品と通販品の違い

同じ除毛クリームでも、市販と通販では「配合成分」が違います。敏感肌の方は、高い効果だけでなく肌負担も抑えていく必要がありますので、良質な成分配合となっている製品が多い通販品がおすすめです。

市販品の除毛クリームは、価格がおよそ500~1500円ほどですが、店頭に並べるまで多くの費用がかかります。そこにはテレビCMや多くの広告、中間業者に支払うマージンがある事から、安価で生産しなければ採算が合わないこともあります。

一方で、通販品の価格は2500~3500円となっていますが、商品力を優先する為、除毛効果だけでなく、独特のニオイの抑制力も高い傾向にあります。ほか、保湿性や肌荒れ予防に優れた成分を配合している事も多いです。

2:敏感肌・剛毛の方にお勧めの除毛クリーム

除毛クリームを選ぶ時は、肌質や毛の太さに合わせると良いでしょう。

敏感肌なら添加物が抑えられていて低刺激かどうか、剛毛なら有用成分が多い傾向にあるので、保湿性にも優れているかどうか、といった点で選びます。

また、国産の除毛クリームは、日本人の肌質に合わせて作られているので、海外製よりも肌刺激は少ないと言えます。

■敏感肌におすすめの除毛クリーム

敏感肌の方は通常の除毛クリームですと、肌がピリピリしたりする傾向にあります。その為、低刺激である事が重要ですので、添加物が最小に抑えられていて、かつ保湿性にも優れている除毛クリームを選ぶようにしましょう。

参考:敏感肌でも除毛クリームは使えた!おすすめ製品と正しい使い方まとめ

■剛毛の方におすすめの除毛クリーム

剛毛の方にはチオグリコール酸カルシウムが高配合されている除毛クリームがお勧めです。

プレミアムリムーバーミルク

価格:¥3,218
容量:150g

除毛効果と保湿性が高く、除毛クリームとしてバランスが良い製品です。アロエエキスやサクラ葉エキス、カッコンエキスなど保湿作用のある天然成分もたっぷりと配合されているため肌への刺激を最小限に抑えることができます。除毛クリーム独特のニオイも抑えられている為、使用中でも気にせず除毛できます。公式の通販サイトでのみ購入できます。

>> プレミアムリムーバーミルクの詳細はこちらから

 

フィーモ エピDX PLUS

「フィーモ エピDX PLUS」の画像検索結果

価格:¥3,200
容量:500g

広範囲の除毛をしたい方に向いている大容量の除毛クリームです。尿素と茶エキスも配合されている事から、使用後の美肌効果も期待できます。ムダ毛が多くて気になる方や家族で共用したい場合にもおすすめです。

アマゾンや楽天などで購入できます。

>> フィーモ エピDXPLUSの詳細はこちらから

3:除毛クリームの正しい使い方

除毛クリームでは、使用前は必ずパッチテストを行う必要があります。パッチテストとは、成分を皮膚に塗って、肌トラブルが起きないか確認するテストのことです。

以下にパッチテストの方法と、除毛クリームの正しい使い方についてご紹介します。

■パッチテストの方法

①除毛クリームを、腕などの見えやすい部分に10円玉ほどの範囲で塗ります。

②5分ほどで洗い流し、その後24時間塗った部分に肌トラブルが現れないか確認します。

ここで肌に異常がなければ良いですが、万が一かぶれ、赤み、かゆみが生じた場合は、肌質に合わないため除毛クリームの使用は避けましょう。

1度テストで問題なかった場合でも、安心して使用を続けていく為に、パッチテストは毎回行うようにして下さい。

 

【パッチテストで異常が出た場合】

パッチテストで肌トラブルが起きる方は、肌刺激が少なく安全性も高い『電気シェーバー』でのムダ毛処理がお勧めです。

参考:こんな電気シェーバーが欲しかった♪安全に深剃りできるアイテム5選

 

■除毛クリームの正しい使い方

①肌を清潔な状態にして温める

・清潔な状態から、入浴やシャワー、蒸しタオルで除毛クリームを塗る箇所が温まっている状態を作ります。温めることで毛穴が広がり、毛も柔らかくなる為、除毛クリームが浸透しやすくなります。

・ムダ毛が長い場合は、事前に短くカットしておくと処理しやすくなります。短すぎると効果は薄くなるので、見た目にも分かるほどの毛の長さで良いです。

②除毛クリームを塗る

・肌についた水分は拭き取り、乾いた肌に専用のヘラやスポンジを使用して塗ります。

・強く擦るのではなく、優しく毛穴に擦り込むように塗ります。

・手で塗り込む場合、爪を痛める原因になるので塗布後はすぐに手を洗いましょう。

・除毛クリームの量が少ないと効果がない為、毛が隠れるほどたっぷり塗ります。

③5分~10分ほど放置

・説明書記載の時間を守りましょう。

・ラップを巻いて放置すると、保温効果で除毛クリームがより毛に浸透しやすくなります。

・10分以上の放置は肌にダメージを与えるので避けましょう。

④除毛クリームを取り除く・洗い流す

・シャワー、専用ヘラ、スポンジ、濡れタオルなど、やり易い方法で取り除きます。

・円を描くように、撫でるように取り除くと効果的です。

・石鹸やボディーソープは、肌刺激のあるアルカリ性の成分を含むものが多いので、弱酸性でない限り、除毛後に使用するのは避けましょう。

⑤冷却

・冷やしたタオル、冷水シャワー、冷却パックなどで除毛箇所の冷却を行うと、敏感な状態となった肌が鎮静化されて、毛穴が引き締まり、肌荒れ予防ができます。

⑥保湿

肌トラブルを予防する為、化粧水や保湿ローションなどで保湿ケアを行います。

1回で綺麗にムダ毛処理できなかった場合、当日ですぐに除毛クリームを使用すると肌トラブルの危険性が高まります。なるべくなら2~3日は置いて除毛クリームを使用しましょう。

 

使用後は、直射日光と高温、高湿度を避けて保管しましょう。浴室で使うことが多いからと言って、浴室内に置くのはお勧めできません。

 

■背中にも除毛クリームが塗れるアイテム

背中への除毛クリームは塗りづらい為、以下のようなアイテムを使用するとよいでしょう。

軟こうぬりちゃん

「軟こうぬりちゃん」の画像検索結果

価格:1,096円

1人では手が届きにくい背中などに、軟膏やクリームを塗れるアイテムです。ムダなく塗れて、使った後も洗いやすいのでお勧めです。

>> 軟膏ぬりちゃんの公式サイトはこちらから

4:除毛クリーム後の保湿は欠かせないもの

除毛クリーム特有の成分によって、肌のバリア機能は弱くなり、肌トラブルが起きやすい状態となります。特に敏感肌は肌のバリア機能が低下しやすいので、しっかりと保湿ケアを行い、肌荒れや乾燥、それらに伴う肌の異常を予防しましょう。

セラミドやヒアルロン酸など、人体に存在している成分が主となった保湿剤、天然の植物エキスが主となった保湿剤がおすすめです。

参考:成分が決め手!ムダ毛処理後の保湿クリームの選び方と厳選6アイテム

5:まとめ

除毛クリームがどんな方に向いているか、お分かり頂けたでしょうか?

持続効果は1~3日程度ですが、わずか5~10分ほどで素早くムダ毛処理ができる事と、毛剃りでは難しい箇所も除毛できる事から、大事なイベントやドレスを着用する時には有効と言えます。

その一方で肌刺激が強めで、毎回、事前のパッチテストは欠かせません。また、使用後の肌トラブルを予防するためにも保湿ケアもしっかり行う必要があります。

この記事で除毛クリームを正しく知ってもらい、いつか、「除毛クリームがいざという時に役立った!」という事に繋がれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*