監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

石鹸でムダ毛処理はNG!実はシェービング剤の方が良い理由と選び方

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
石鹸でのムダ毛処理は避ける

石鹸をムダ毛処理のシェービング剤の代わりに使用して良いのか?と考えている方は多いかと思います。

石鹸は汚れを落とす目的のためムダ毛処理には向いていません。そればかりか肌の乾燥を進行させて、様々なトラブルの原因になります。

ここでは、シェービング剤の代わりに石鹸を使うリスク、石鹸よりも肌刺激の少ないシェービング剤と選び方、脱毛石鹸から保湿の重要性までをまとめました。

1. 石鹸をシェービング剤の代わりに使うと肌トラブルのリスクが高まる

石鹸にも香りが強い、保湿成分入り、石鹸成分が99%以上の純石鹸(無添加石鹸)があり、石鹸成分のほか水と油になじむ『合成界面活性剤』の泡立ちで皮脂・油汚れ・細菌などを洗浄しますが、シェービング剤の代用品として使い続けると肌のバリア機能が低下し肌荒れが起きる原因にもなります。

特に、皮脂は肌のバリア機能の維持をする働きがあるため、石鹸とムダ毛処理の摩擦で皮脂を必要以上に洗い流してしまい、赤いぶつぶつ・ニキビ・乾燥が起きやすくなります。

ボディソープは主に石鹸以外(合成洗剤)の洗浄成分で作られており、石鹸と同じ洗浄が目的となっているのでシェービング剤の代用品としては不十分と言えます。

補足
顔剃りに洗顔料を使用するのは避けたほうがよいです。洗顔料は石鹸やボディソープより肌刺激の弱い洗浄成分が使われる傾向にありますが、こちらも石鹸と同じ洗浄目的のためシェービング剤の代用品には適していません。

2. シェービング剤はムダ毛処理による肌荒れや乾燥を起こしやすい方に向いている

シェービング剤はムダ毛を柔らかくしてカミソリの滑りを良くするだけでなく、保湿や炎症を抑制する成分も含まれるためカミソリ負けによる肌荒れや乾燥しやすい方に向いています。

肌が乾いた状態でのカミソリのムダ毛処理は、刃の滑りが悪くシェービングの回数も増え炎症や出血の原因となりやすいので避けたほうがよいです。

 

■シェービング剤の選び方

シェービング剤は「剃りやすさ」「保湿成分」「低刺激」の3つのポイントで選ぶことをお勧めします。

剃りやすさはもちろんですが、皮脂が洗い流された後の肌の水分を補う保湿性、余計な添加物がなるべく配合されていないことは肌刺激も抑えることに繋がるのでとても重要です。

シェービング剤には男性用と女性用がありますが、成分に大きな違いはないためどちらを使用しても問題はありません。

【肌荒れや乾燥しやすい方におすすめのシェービング剤】

 

シック・ジャパン シックハイドロシルクシェービングジェル

「シックハイドロシルクシェービングジェル」の画像検索結果

価格:¥582
容量:150g

敏感肌・乾燥肌・肌荒れする肌にお勧めの、保湿性の高いシェービングジェルです。

高い保湿効果のある2種類のヒアルロン酸と加水分解シルクが潤いとツルスベ感を与えます。加水分解シルクは保護膜を作る作用があるためシェービングによる肌刺激を抑えることにも役立ちます。

 


シック・ジャパン シックハイドロシェービングジェル

「シックハイドロシェービングジェル150g」の画像検索結果

価格:¥399
容量:150g

太く濃い毛のムダ毛処理をしたい方におすすめのシェービングジェルです。

ムダ毛を柔らかくする独自処方で太い毛が剃りやすく、保湿作用の強い2種類のヒアルロン酸がしっとり感を与えます。ムダ毛処理による乾燥感に悩まされている方にもお勧めです。

 

【購入先】

上記で紹介した商品は、ドラッグストアやスーパー、アマゾン、楽天などで購入できます。

【使用期間の目安】

およそ0.8g(手の平に500円玉ほど)で『顔全体』もしくは『両ワキ』の1回のムダ毛処理ができますので、100gあたりおよそ4カ月使用できます。

両足(ひざ上下)なら8gで、100gあたりおよそ2週間。

両腕(ひじ上下)なら4gで、100gあたりおよそ1カ月。

 

3. 脱毛石鹸は毛が生えるスピードを緩やかにするもの

石鹸を使ってムダ毛処理をするなかで「脱毛石鹸」を検討する方もいらっしゃいますが、実際には毛が生えるスピードを緩やかにする「抑毛」といった方が正しく、永続的な効果はないので継続して使い続ける必要があります。

脱毛石鹸は、普通の石鹸と同じように、刺激や痛みもなく、肌が弱い人でも安心して使用できて、なおかつ抑毛成分が含まれているのが大きな特徴です。

脱毛石鹸に含まれる「イソフラボン」によって、使用しているうちにムダ毛を目立たなくさせるものですが、即効性はないので、長期間の使用が必要となります。

イソフラボンは主に大豆に含まれるフラボノイドの一種で、女性ホルモンに似た働きを行い、男性ホルモンの分泌を抑えることでムダ毛の抑制効果を高めます。

ほか、抑毛効果がある成分として「ブロメライン」というたんぱく質分解酵素も含まれています。毛はケラチンというタンパク質が材料となっておりタンパク質分解酵素がムダ毛を薄くする作用はありますが、石鹸に含まれるほどのブロメラインでは大きなタンパク質を分解するまでの働きは難しいと言えます。そのため、あくまでムダ毛の成長を抑制する効果に留まります。

 

大豆アレルギーがある方は、脱毛石鹸に含まれるイソフラボンでアレルギー反応が現れることがありますので使用は避けましょう。

脱毛石鹸を使用する場合は、狭い範囲で使用してアレルギーやかゆみ、痛みが出ないかを確認してから、徐々に使用範囲を広げていくとよいです。

4. ムダ毛処理後の肌トラブル対策

シェービングではシェービング剤を使用しても完全に皮脂が除去されるのを防ぐことは難しく、どうしても乾燥しやすい状態になりがちです。

乾燥は赤みやぶつぶつの要因にもなるので対策として保湿ケアをしっかり行う必要があります。

そのほかシェービング中に出血が起きる場合もありますので、それぞれの対策についてご紹介します。

■乾燥による肌荒れ・赤み・ぶつぶつは保湿剤が有効

 

保湿は、化粧水、保湿クリームやローションなどでも構いませんが、高い保湿効果を得たい方は、セラミドやヒアルロン酸などが配合されたものが良いです。また、ムダ毛処理後の保湿だけでなく、夜寝る前にも行うとより効果的です。

ほか保湿剤は肌質によって選び方も変わるので詳細は以下を参考頂ければと思います。

参考ページ:成分が決め手!ムダ毛処理後の保湿クリームの選び方と厳選6アイテム

 

■カミソリによる出血の対策

カミソリによる出血はシェービング剤を使用することも大切ですが、肌やカミソリの状態で大きく変わります。

サビや刃の欠けなど、カミソリの機能が失われた時も出血の原因になるので、1か月に1回は交換するようにしましょう。

カミソリなら保湿剤入りのものがおすすめで、同時に肌の角度に合わせて曲がるスウィングヘッドタイプならより肌刺激を抑えながら剃ることができます。それらのカミソリと選び方の詳細については以下を参考ください。

参考ページ:ムダ毛処理のイロハを全解説!正しいカミソリ選び・処理方法の全て

補足
不衛生なカミソリを使うと細菌による炎症が起き、赤いぶつぶつができやすくなってしまうため、清潔なカミソリを使用しキレイに保管するようにしましょう。常に湿度の高い浴室などでカミソリを保管すると細菌が繁殖しやすくなるので使用後は水分を拭きとり、湿気がない場所かポーチなどで保管することをおすすめします。

 

まとめ

石鹸は本来、汚れを落とすものでシェービング剤の代わりに使用するものではありませんので、使い続けると乾燥を起こしやすく、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

シェービング剤を選ぶときは少しでも肌負担を抑えるため、剃りやすさと保湿成分、低刺激であるかどうかを確認するようにして下さい。

カミソリは保湿剤つきでスウィングタイプが剃りやすく、使用後はしっかり保湿ケアを行うことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*