監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

コレで迷わない!毛抜きでムダ毛処理をするための適切な使用法

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
毛抜きの正しい使用法

毛抜きでムダ毛を処理することはやめた方がいいのかな? と感じている方も多いかと思います。

毛抜きは肌刺激が強いため、使い続けるほど肌トラブルが起きやすく、部位によっては炎症や色素沈着によるシミまで現れることがあります。

今回は、毛抜きはどんな使い方が適切なのか? をはじめ、毛抜きによるダメージを最小限に抑えるための毛抜きの選び方から使い方、ムダ毛処理の頻度を少なくするための抑毛方法までを解説させて頂きました。

毛抜きの使い方を見直し、肌トラブル予防のためのきっかけになれば幸いです。


1. 太いムダ毛の毛抜きは控えたほうがよい

毛抜きは、毛根から処理できるため頻繁に処理をしなくて済みますが、毛穴を無理に引っ張ることから肌のトラブルに繋がりやすいムダ毛処理方法と言えます。

特に太い毛は、毛穴も大きいため毛抜きの刺激も受けやすく、色素沈着や吹き出物、毛が皮膚のなかに埋まる埋没毛、炎症で赤くなる毛嚢炎などの肌トラブルが発生しやすくなります。

【毛が太く毛抜き処理に向かない部位一覧】

毛が太い部位 適切な処理
カミソリ

脱毛

VIO 電気シェーバー

・脱毛

足(ひざ下・ひざ上) カミソリ

・脱毛

 

■ 毛抜きは細い毛やムダ毛の処理残しの仕上げに使うのが最善

毛抜きは、指などのムダ毛が細い部位やシェービングしづらい眉や乳輪まわり、剃り残し部分の仕上げとして使うことが好ましいです。

細い毛は太い毛よりも毛穴が小さく、毛抜きによる刺激は少なく済みます。また、シェービングではどうしても剃りにくい部分や剃り残しもあるため、毛抜きはその仕上げとして非常に役立ちます。

ただし、細い毛だとしても眉以外の顔部分(おでこ・ほほ・もみあげ・鼻・鼻下)は刺激に敏感なので毛抜きによるトラブルが起きやすい部位です。

見ためにも目立ちやすい部分のため、眉以外の顔は毛抜きでの処理を控え、カミソリや電気シェーバーで処理することが望ましいです。

2. 毛抜きは掴みやすさとムダ毛の太さで選ぶ

毛抜きは、ムダ毛が掴みやすく切れにくいもので、処理をする部位によって毛抜きの先端の形状を変えるほうが処理が簡単に行え、肌のダメージも抑制できます。

毛が掴みやすく切れにくい毛抜きは、先端にすき間がなくてスベリにくい加工のものが良く、ムダ毛が切れることも少ないので処理時間も短く抑えられます。

毛抜きの先端には、先細タイプや丸形など形状の種類があり、ムダ毛の細さや太さ、長さは部位や人によって選ぶことも大切です。

【部位別に適切な毛抜きのタイプ】

ムダ毛の部位 適切な毛抜きの先端タイプ 主な特徴
細い毛

眉、耳、うぶ毛、ほか短い毛

・先細

・先尖

・先端が細いまたは尖っているため細い毛や短い毛の処理に向いている

・毛が途中で切れたり、皮膚を掴むこともある

太い毛 ・先平(先太)

・先丸

・毛抜きの先端に幅があるため毛を掴む力が強く、太い毛や長い毛が処理しやすい

・1回で数本の毛を抜くこともできる

・先丸は皮膚ごと掴むリスクが最も少ない

※先斜めタイプの毛抜きもあり、顔周辺なら肘を高く上げずに処理できる特徴もあります。しかし、先端の長さが製品ごとに違うので、短めなら毛が薄い部位、長めなら太い部位というように変わってきます。

格安の毛抜きはなるべく避ける
100円均一などで販売されるような格安の毛抜きは、精度にバラつきがあり、同じ製品でも先端を合わせた時にズレたり、つまんだ時に毛が切れたり、しばらく使うと開く力が弱くなって使いづらくなる傾向にあります。

 

【細い毛におすすめの毛抜き】

匠の技 ステンレス製 毛抜きセット ゴールド

匠の技|先細・先太の毛抜きセット

価格:¥700

先細と先太の毛抜きがセットのため、ムダ毛の薄さと太さに合わせて使い分けができます。また、手造りによる先端合わせがされているのでムダ毛を掴む精度も高くなっています。

 

関孫六 毛抜き(先尖)

関孫六・先尖の毛抜き

価格:¥1,800

先尖タイプの毛抜きで精密に先端合わせの調整がされているため、眉や短い毛などピンポイントで処理したい方に向いています。


【太い毛におすすめの毛抜き】

匠創 ワンタッチ毛抜き (先平)

匠創|ワンタッチ毛抜き・先平

価格:¥1,100

毛をつまんで押すだけのワンタッチ式なので、ムダ毛が多い部分をラクに毛抜きをしたい方に向いています。

 

驚きの毛抜き(先丸)

グリーンベル|驚きの毛抜き

価格:¥1,035

より肌の安全性を重視したい方にお勧めです。先端部分がしっかり密着する構造で毛も掴みやすくなっています。

 

■肌刺激を抑え綺麗に毛抜きをする3つのポイント

肌のダメージを抑えてキレイに毛抜きをするポイントは、事前に毛穴を広げること、毛の流れに沿って抜くこと、肌を清潔にすることです。

①事前に毛穴を開く

①毛抜きする部位の毛穴を開く

毛抜きをする前に肌を温めて毛穴を開くことで、毛が抜けやすくなり同時に肌刺激も抑えることができます。

細かい部位なら蒸しタオル、広い範囲なら温水シャワーで簡単に毛穴を開くことができます。温水シャワーなら37~40°以内の温度を5分ほど浴び、蒸しタオルなら30秒~1分ほどあてます。

蒸しタオルの作り方については、以下のページに写真付きで分かりやすく解説しておりますので、蒸しタオルを作る際は参考にしてください。

 

②毛の流れに沿って抜く

②毛の流れに沿って抜く

毛の流れに逆らって毛抜きを行うと、毛穴が広がりやすくなり炎症も起きやすくなるので、流れに沿って毛の根本に近いところから丁寧に抜きましょう。

 

③肌を清潔にする

③毛抜きした部位を清潔にする

毛抜きした部位は炎症が起こりやすく、雑菌が入ると悪化することもあるので、シャワーでしっかり流すまたはウェットシートで拭くなど清潔にするようにして下さい。

補足:毛抜きの保管とお手入れ方法
毛抜きを使用後は石鹸で洗浄し水分をふき取り保管しましょう。毛抜きに水分や皮脂が残ったまま保管するとサビや雑菌の繁殖となり肌トラブルの原因にもなります。使用後の保管は洗浄湿気が多い場所は避けたほうが望ましいです。

 

3. 毛抜きのあとは冷却と保湿で肌トラブル対策をする

毛抜きあとは冷却と保湿で肌トラブルを予防する

毛抜きあとは炎症や、毛が皮膚のなかに埋まる埋没毛などの肌トラブルが起こりやすいため、炎症や赤みの予防のために冷却や、肌トラブルの予防のために保湿ケアを行うことが大切です。

肌を冷却すると血流を一時的に低下させ毛抜きによる炎症、赤みやブツブツを予防することにも繋がります。毛抜き直後はアイスパックやシャワーで十分に冷やすことをお勧めします。

保湿は肌に潤いを与えるだけでなく、角質を柔らかくして肌の代謝を促す作用もあるため、埋没毛や炎症による色素沈着、シミ対策に有効です。

保湿効果が高いのは保湿クリームですが、毛抜きによる肌トラブルの抑制効果を高めるために、先に化粧水から塗ることをお勧めします。ただし、化粧水は肌表面で蒸発しやすいので、時間を空けずに保湿クリームを塗るのが好ましいです。

毛抜き後の保湿クリームは、炎症を予防するために抗炎症成分がはいったものが好ましいです。保湿クリームについての詳しい内容は以下ページを参考にしてください。

 

■もし埋没毛や毛嚢炎が発症した場合

毛抜きによる処理を続けていると、毛が皮膚に埋まる埋没毛や赤くブツブツとした毛嚢炎ができやすくなります。

埋没毛は、市販のスクラブやピーリングで硬くなった角質を除去したり、保湿することでムダ毛が表面に出て処理しやすくなります。どうしても毛が出てこない場合は、毛抜きなどでつまみ出す、カミソリで軽く剃ることで一時的に対処できます。

毛嚢炎は放置するとブツブツや赤みが悪化するので『フルコート®f』など炎症を抑制する外用薬で症状の緩和から行うとよいです。

 

4. 毛周期を遅らせて毛抜きの処理の回数を減らすには

毛周期は、半年~1年半ほどで毛が伸びて抜けることを繰り返していますが、女性ホルモンを整えて分泌が促進されると、ムダ毛の成長の抑制や薄くする働きが強まるので処理回数を減らすことが期待できます。

女性ホルモンを整えるには、女性ホルモンを整える生活習慣や食生活を意識することが大切です。詳しい内容につきましては下記ページを参考にしてください。

 また、セルフケアとして豆乳ローションを使用するのもお勧めです。豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするため、毛抜き後の保湿ケアに使用することで抑毛効果が期待できます。以下に手作りの方法やおすすめの豆乳ローションを紹介していますので参考にして下さい。

 

 多少のコストはかかりますが、脱毛サロンによる施術は、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルのリスクも低く毛周期を遅らせることができます。なかでも光脱毛はコストが安く、ほぼ無痛で毛周期を遅らせる効果があり短期間で抑毛するにはもっともおすすめの方法です。


光脱毛はミュゼやキレイモなどのサロンで受けることができ、部位によっては数百円で脱毛することも可能です。脱毛サロンの選び方については以下にまとめていますので参考にされて下さい。

 

まとめ

毛抜きはムダ毛が太いほど炎症が起きやすいため、部位によっては控えたい処理方法です。特に太い毛の処理には肌トラブルが起きやすいため、細い毛や処理残しの仕上げとして使用するほうが好ましいです。

毛抜きを使う場合、毛に適切な毛抜きを選ぶようにし、処理するときは毛穴を開いて毛の流れに沿って抜くことでダメージを最小限に抑えることができます。

毛抜きを続けるほど、埋没毛などの肌トラブルになりやすくため、毛の濃い部位や処理頻度が多い場合は、抑毛も検討することをおすすめ致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*