監 修

上田 弥生院長

産婦人科専門医 美容皮膚科医
キュアクリニック恵比寿 院長 上田弥生

怖くない!痛みが少ない医療レーザー脱毛を選ぶ2つのポイント

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「医療レーザーと光脱毛の違いって?」「痛みが強いって本当?」「産毛には効果ないんでしょ?」と医療レーザー脱毛に対し疑問や不安を持っている方は多いのではないでしょうか。

医療レーザーは、針(ニードル)脱毛と並んで永久脱毛と謳われる脱毛方法の1つです。

費用が高かったり、痛みが強いといった事は事実ですが、それをカバーできるほど「確実に永久脱毛ができる」という大きなメリットがあります。

また、現在は痛みが少なく産毛も脱毛できる機器も登場しているため、昔のように「痛みに耐える」「産毛はできない」といった不安は解消しています。

今回は、医療レーザー脱毛のメリット・デメリットから、光脱毛との違い、痛みが少ない脱毛機器までご紹介いたします。

1、医療レーザー脱毛の魅力は「脱毛効果の確実性」

医療レーザーは、「痛みが強い」「費用が高い」などのデメリットの面を指摘されますが、そのデメリットをカバーできるほどに「確実に毛が抜ける・生えなくなる」という大きなメリットがあります。

医療レーザー脱毛とは、毛の成長を促している「毛母細胞を破壊する」施術のことを指し、針(ニードル)脱毛と並んで永久脱毛と謳われる脱毛方法のことを言います。

ムダ毛の根本(毛根)部分には「毛母細胞」というムダ毛の大本となっている細胞があり、血液から栄養素や酸素の供給を受けることで、ムダ毛を成長させていきます。

毛抜きやシェービング、除毛クリーム、サロンで行う光脱毛などの脱毛方法は、ムダ毛部分を処理したり、毛根を弱らせることはできますが、毛母細胞部分を破壊することは法律で禁じられています。

ムダ毛は毛母細胞が生きている限り成長を続けますので、自己処理やエステで行う光脱毛の場合、再びムダ毛が生えるリスクが常にあります。

しかし、医療レーザー脱毛は法律で「毛母細胞を破壊し永久脱毛をしても良い」と定められているため、確実にムダ毛が生えなくなります。

その他にも、医療レーザー脱毛には「施術回数が少ない」「安全性が高い」「持病があっても施術可能」などのたくさんのメリットがあります。

 

魅力1:5~6回の施術で脱毛が完了する

光脱毛の場合、徐々に毛根を弱らせていくため脱毛が完了するまでに「10~20回以上」の施術が必要になりますが、医療レーザーの場合、一回で毛根を破壊するため「5~6回」の施術で脱毛が完了します。

今生えているムダ毛は、全体の20%ほどと言われているため、一回の施術で脱毛が完了するわけではありません。

ムダ毛には、現在見えている毛で成長を続けている「成長期」、これから抜ける毛である「退行期」、毛が抜け落ち次の毛が成長するのを待っている「休止期」と言うものがあります。これを毛周期と呼び、大体2カ月の周期で繰り返しています。

医療レーザー脱毛に限らず、ムダ毛処理ができるのは、メラニン色素が多く毛母細胞に対してダメージを与えやすい「成長期の毛のみ」です。

成長期の毛は全体の約20%ほどと言われており、レーザー脱毛の場合、一回で成長期のムダ毛を破壊することができるため、全体の毛を破壊するのに「2カ月に1回」の施術を「5~6回」行うことで「半年~1年」後には脱毛が完了します。

サロンで行う光脱毛の場合、成長期の毛を弱らせることしかできないため、10~20回以上の施術が必要になり、脱毛完了までに1~3年以上の時間がかかります。
また、毛は薄く目立たなくなりますが、完全に生えなくなることは稀です。

そのため、クリニックに通う回数が少なく、最短で確実に永久脱毛ができるのは、医療レーザー脱毛のみです。

 

魅力2:安全性が高く持病があっても施術拒否されにくい

医療レーザー脱毛は、医療機関でしか施術が行えず、必ず医師が常駐してなければいけません。また、施術者は医師か看護師と決められています。

そのため、万が一肌トラブルや持病の症状が出たとしても、適切かつ迅速な対応をすることができるため、安心して施術を受けることができます。また、その時にかかった「お薬代」や「治療費」は無料で受けることができます。

光脱毛の場合、医師免許を持たないエステティシャンが施術を行うため、「心臓病」や「甲状腺疾患」「重度の喘息」「アトピー性皮膚炎」「てんかん」などの持病を持っている方は、症状が出た時の対応ができないため、施術をお断りされることがあります。

また、お薬を常飲している方もお薬の種類によっては施術を拒否されます。その他にも、光脱毛の場合、万が一肌トラブルが出た時の治療費は自己負担となります。

医療レーザーは、医師が必ずいるため適切な対処ができることから、持病を持っている方でも主治医からの許可を頂ければ、問題なく施術を行うことができます。

しかし、「ガン」や「色素が薄いムダ毛(白髪・金髪)」「ヒドイ乾燥肌」「光アレルギー」の方は、脱毛効果が薄かったり、肌トラブル・症状の悪化に繋がるため施術ができない可能性があります。乾燥肌の場合は、症状が改善すれば施術を受けることができます。

持病やお薬を常飲している方は、事前に主治医に「脱毛を行っても良いか?」を確認をし、カウンセリング時に「実際の薬やお薬手帳を見せる」「担当医師からの診断書」を申告するようにしてください。

 

【補足】医療レーザーは何歳でも受けられるが注意が必要

医療レーザー脱毛は、医師が施術を行うため、安全性が高いことから何歳でも受けることができます。

しかし、初潮も迎えていないような若いうちは、十分に体毛が成長しきっておらず、医療レーザー脱毛を行っても再度生えてきてしまう可能性があるため、多くのクリニックでは「15歳以上から施術可能」というような制限があります。

また、肌刺激に弱い時期でもあり、レーザー脱毛で肌トラブルが起きる可能性もある事から、親の同意書も必要になってきます。

それでも子供に医療レーザー脱毛を行いたい場合、年齢制限のない美容皮膚科・クリニックで施術を受けるようにしましょう。

 

2、医療レーザーでも「甲状腺」「目の回り」「鼻毛」は脱毛できない

医療レーザーに限らずですが、「目に近い部分」「鼻毛」「甲状腺付近」は、如何なる理由があっても脱毛することができません。

眉毛自体は脱毛することは可能ですが、目に極力近い部分(涙袋など)はレーザーの強い光で「失明する」可能性があり、鼻毛の脱毛は「免疫力の低下」に繋がるため施術が禁止されています。また、形状的にレーザーを当てることが難しい鼻全体も施術から除外されていることが殆どです。

もし、涙袋の産毛・鼻全体の脱毛を行いたいのであれば、上記のリスクがない針(ニードル)脱毛がおススメです。

参考:最後の仕上げに針(ニードル)脱毛!その魅力・料金・痛みを徹底解説!

加えて、鎖骨から喉ぼとけまでの「甲状腺部分」は、様々なホルモンの分泌を促している部位であり、太い血管も通っています。そのため、どのような脱毛法に限らず、何らかの異常が起きる可能性が高いと言われているため脱毛が禁止されています。

 

3、痛みに弱い方でも安心して施術ができるクリニックの選び方

「医療レーザー脱毛したいけど痛いのは…」「施術後のぶつぶつは嫌だな…」と思いの方は、クリニックのホームページで「使用しているレーザー機器の種類」と「症例の多さ」を確認することで不安点が解消します。

医療レーザーは、「痛みが強い」「施術直後の肌トラブルが気になる」といったことが施術を躊躇う理由になりますが、現在は痛みが少なく施術後の肌トラブルが少ない「メディオスター」や「ハヤブサ」といった機器も出ています。

痛み・肌トラブルが少なく安心して永久脱毛をしたいのであれば、HPで以下の2つを確認すると良いでしょう。

 

ポイント1:肌トラブル・痛みが少ない機器が導入されているか確認

痛みや肌トラブルが少ない方が良いという方は、「メディオスター」か「ハヤブサ」が導入されているクリニックを選ぶと良いです。

現在多くのクリニックでは、高い出力(高温)でメラニン色素に反応する「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」という機器を使用していることが殆どです。

これらの機器は、強い熱を発生するため「痛み」や「施術後の肌トラブル」が強く出やすい傾向にあります。

【アレキサンドライトレーザー照射後の肌トラブル一例】

この肌トラブルは医療レーザーではよく出る症状であり、基本的に「保湿ケア」を徹底して行えば翌日~1週間以内には収まります。また、施術ミスでもありません。
参考:放置しないが正解!脱毛後のぶつぶつができる原因と適切なケア対策

一方、「メディオスター」や「ハヤブサ」といった最新機器は、従来のメラニン色素に反応し熱を発生させる機器とは違い、毛の種を作り出す組織(バルジ領域)のみを破壊することで脱毛を行っています。

バルジ領域とは、休止期の毛に再び毛を生えさせる種を出している領域のことを言います。

メディオスターやハヤブサは、約60度ぐらいの熱を発生させ、バルジ領域のみを破壊することができるため、肌への負担が少なく・痛みも少ないことが特徴です。

また、メラニン色素は関係ないため、肌の色がどれだけ変わっていても、産毛でも、しっかりと脱毛効果を発揮します。

そのため、「施術後の肌トラブルは避けたい」「痛みに弱い」「日焼けや色素沈着が気になる」という方は、「メディオスター」か「ハヤブサ」が導入されているクリニック・美容皮膚科を選ぶと良いです。

 

ポイント2:経験・症例数が多い先生やクリニックを選ぶ

レーザー脱毛に限らず、脱毛には技術が必要です。

脱毛クリニックの施術者は、すべて医師免許を所持しているわけではない為、肌が弱い・痛みに弱いなどの理由を告げ、脱毛の経験症例数が多い先生の施術をお願いするか、腕の良いクリニックを選ぶことが大切です。

症例数が多い先生ならば、「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」といった痛みが強めのレーザーでも、肌の状態に合わせて出力調整したり、照射方法を変えたりして、ぶつぶつのリスクや痛みを最小限に抑えてくれます。

敏感肌などで肌の状態が心配な方や隠すことが難しい顔脱毛をしたい方は、事前にHPなどを確認して、しっかりと症例数を経験している医師が脱毛を担当してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

4、医療レーザー脱毛におススメの美容皮膚科・クリニック

医療レーザー脱毛ができる美容皮膚科・クリニックの中で、料金が安く症例数も多い「湘南美容外科クリニック」と「リゼクリニック」を徹底比較いたします。

両者はどちらも「痛みの少ない機器が導入されている」「症例数が多い」と言うことで、痛みを和らげる施術を心掛けているクリニックです。

また、両者とも年齢制限がなくどの年代でも施術が可能です。しかし、「施術中に大人しくしているコト」「できるだけ生理が2回以上来ているコト」「肌トラブルがないコト」「親と必ず来ること(高校生は除く)」が条件となりますのでご注意ください。

料金については、脱毛する方が多い「脇」「VIO」「顔」「全身」の4つの料金とさせて頂きます。

医療レーザー脱毛選びの参考にして頂ければと思います。

湘南美容外科クリニック

導入機器 症例数 店舗数
評価
アレキサンドライトレーザー
メディオスター

100万件以上

全国58院
部位 ワキ VIO 全身
料金 5回コース
¥1000

無制限コース
¥3,400

6回
¥60,750

9回
¥82,620

6回
¥52,650

9回
¥73,710

6回
¥435,370

9回
¥600,210

【コメント】
全国に50院以上・47都道府県全てに店舗展開をしている美容外科クリニックです。通いやすくかつ料金も本格的な医療レーザー脱毛とは思えないほど安いのが魅力です。

学割・ファミリー割・モニター価格などの割引特典もあり、大手クリニックのため症例も多く、安心して施術を受けることができます。

殆どのクリニックでは6回までコースが多いのに対し、9回コースや無期限コースまであるため、満足いくまで脱毛ができます。

全店舗が年中無休で営業しているので、予約も取りやすい傾向にあります。

>>公式サイトはこちら


リゼクリニック

導入機器 症例数 店舗数
評価
ライトシュア・デュエット
メディオスター
ジェントルYAG

14万件以上

全国17院
部位 両ワキ VIO(5回) 全身(顔・VIO含む)
料金 5回
¥19,800
ハイジニーナ
¥99,800
5回
¥99,800
5回
¥398,000

【コメント】
脱毛の他に、アンチエイジング予防も行える美容クリニックです。

シェービング料やキャンセル料も脱毛料金に含まれているため、急な病気でやむなくキャンセルしてしまったり、忙しくてキレイに施術前の自己処理ができなくても、追加料金もなく安心して施術を行えます。

VIO・顔を含む全身脱毛は約40万円と光脱毛と同じぐらいの料金で施術が行えるため、一気に全身脱毛をしたい方におススメです。

難点としましては、四国や九州には店舗が少ないため、限られた地域の方しか通うのが難しくなります。

>>公式サイトはこちら

5、脱毛前後に気を付ける4つのコト

医療レーザーは永久脱毛と言えども、ただ施術をして頂ければ永久脱毛できるというわけではありません。

脱毛中に日焼けをしてしまったり、施術前に肌の乾燥状態が続いていると、脱毛効果が弱くなってしまったり、思わぬ肌トラブルが出る可能性が高くなります。

医療レーザー脱毛中・その後は、肌が敏感になっているため、注意することがたくさんあります。脱毛中・脱毛後は以下のポイントに気を付けましょう。

①脱毛前後の日焼けは厳禁

現在は、日焼けをしていても脱毛できる機器も登場していますが、理想は「白い肌に黒い毛が生えていること」です。

そのため、脱毛中はもちろんですが、脱毛を検討している方は日焼けを避けるようにした方が良いです。

また、脱毛中は肌のバリア機能が低下して、紫外線による刺激を受けやすくなっています。せっかくムダ毛を脱毛できても、シミや色素沈着といった肌トラブルが起きやすいため、脱毛中は1年中徹底した「UVケア」を行いましょう。

 

②毛抜きや除毛クリームなどのムダ毛処理は厳禁

脱毛前後の、「毛抜き」「除毛クリーム」「ワックス脱毛」「光脱毛(家庭用機器含む)」などによるムダ毛処理はしてはいけません。

医療レーザー脱毛はムダ毛のメラニン色素に反応するため、効果が薄くなってしまいます。バルジ領域に働きかける機器でも同じことです。

また、脱毛は毛根は残ったまま皮膚から毛が出てない状態で施術を行う方が、肌トラブルも少なく脱毛効果を得やすくなります。そのため、脱毛前は毛を剃った状態が好まれます。

自己処理をしたいのであれば、「カミソリ」や「電気シェーバー」の使用が望ましいです。

医療レーザー脱毛をすると、約1カ月はムダ毛処理も必要としないので、過剰な心配はいりませんが、なるべく照射後2週間~1か月くらいは自己処理を控えたほうが良いでしょう。

③照射後3日間は「運動」「入浴」「締め付け感のある服」は避ける

医療レーザー脱毛を行った後は皮膚が多かれ少なかれ、やけどした状態となります。

入浴や運動によって血流がよくなると、施術後の赤みが強くなってしまうこともありますので、照射後3日間は、汗をかくほどの運動や入浴は避けましょう。シャワーは問題ありません。
その他にも、「マッサージ」や「エステ」も同じ理由で施術後3日間は避けたほうが良いです。

また、スキニーやTバックなどの締め付け感のある服も避けたほうがいいでしょう。

照射後は肌のバリア機能が低下しているため、きつめの服による摩擦に肌が弱くなっています。色素沈着の原因となることもあるので、なるべくゆるめの服を着るようにしましょう。

 

④毎日2回の保湿を行うこと

医療レーザー脱毛で必ずと言っていいほど施術ができなくなるのは、「肌が乾燥している状態」です。これは、肌トラブルが起きやすく、やけどのリスクが上がるためです。

そのため、脱毛を行う1か月前から「保湿ケア」を行い、乾燥を改善させておきましょう。

施術後は肌の乾燥が強くなりますので、脱毛中は必ず「毎日2回の保湿」を徹底して行いましょう。

特にシャワーを浴びたあとは水分が蒸発しやすいため、化粧水や美容クリームを使用して保湿ケアをしましょう。朝、起きた後にも保湿ケアを行えるとベストです。

 

6、医療レーザー脱毛でよくあるQ&A

医療レーザー脱毛でよくある質問を回答します。

Q12週間前に光脱毛をしたのですが、レーザーに乗り換えようと考えてます。光脱毛後、何日ならレーザー脱毛ができますか?

.光脱毛は肌への刺激が弱いため、すぐにレーザー脱毛を受けることができます。担当する医師の判断で変わる事もあるので、一度カウンセリングで確認をすることをおススメします。

 

Q2毛硬化や多毛化が怖いです。どのくらいの確率で出ますか?

.毛硬化や多毛化が現れる確率は1%にも満たないと言われています。確率は低いですが毛硬化・多毛化はどんなレーザー脱毛機器でも起きる可能性があります。ただし毛硬化・多毛化してもその後レーザー脱毛を続けていけば、徐々に目立たなくなっていくので過剰な心配はありません。

 

Q3医療レーザーで黒ずみや色素沈着は改善しますか?

.医療レーザー脱毛はメラニン色素に反応してムダ毛を脱毛する施術です。同じくメラニン色素である黒ずみや色素沈着が改善する可能性は否定できません。ただしあくまで可能性の話であり、必ずしも治るわけではないことに注意してください。

また、痛みが少なくメラニン色素に反応しない機器「メディオスター」や「ハヤブサ」では、色素沈着や黒ずみは改善されません。

 

Q4医療レーザー脱毛後でも毛が生えることはありますか?

.残念ながら医療レーザー脱毛後でも毛が生える可能性はあります。医療レーザー脱毛は効果の高い脱毛ですが、医師の技術に左右されます。

照射が弱く、毛母細胞が残ってしまっている場合は時間の経過とともにまた、ムダ毛が生えてくる可能性があります。

 

Q5顔脱毛を行いたいのですが、歯列矯正中&銀歯があります。施術は可能ですか?

.レーザーに反応して、矯正器具や銀歯が熱を持ってしまう可能性がありますが、矯正器具や銀歯があるとことにガーゼをかぶせるといった処置で施術を行っています。絶対に無理、ということはないので一度、クリニックで相談してみましょう。

ただし、虫歯の場合は施術中に症状が悪化する可能性が高いので、虫歯治療をしてからの施術をお勧めします。

 

7.まとめ

痛みや肌トラブルに不安を感じてしまう気持ちは分かりますが、医療レーザー脱毛は「最短」でかつ「確実性の高い」永久脱毛法です。

医師が常にいるため安全性も高く、持病を持った方でも安心して施術を受けることも可能です。

もし、痛みや肌トラブルが少ない方が良いという方は、毛の種を作り出す組織(バルジ領域)を破壊する「メディオスター」や「ハヤブサ」が導入されているクリニックを選ぶと良いでしょう。また、症例数の多いところを選ぶのもポイントです。

今回の記事で、医療レーザー脱毛の効果を知ることができ、永久脱毛の第一歩を踏み出して頂けると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます