監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

みるみるキレイになる!お尻の黒ずみを治す方法を全解説【保存版】

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
お尻の黒ずみを治す方法を全解説

キレイなプリッとしたお尻は、男女問わず魅力的なものです。普段自分では見れないため、人に言われたり、黒ずみやざらつきができたり垂れてしまった時に、「お尻ケアってどうしたらいいの?」と悩んでいる方は多いと思います。

お尻の肌トラブルの主な原因は「肌のターンオーバー異常」と「メラニン色素」が関係しています。キレイにするには「角質ケア」と「保湿ケア」の2つが大切です。

今回は、お尻の様々な悩みの原因から美尻への作り方の全手順をご紹介いたします。

1.お尻の黒ずみは「ターンオーバー異常」と「メラニン色素」が原因

お尻の黒ずみや、ざらつきは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が悪くなり古い角質を溜めこんだことで、メラニン色素(黒い色素)が肌に定着してしまったことが原因でできます。

お尻はもともと、座る・寝るなどの動作で負荷を与える機会が多く、刺激から肌を守るために他の部位よりも角質層が厚い部位です。それに加え、普段から「長時間の座りっぱなし」や「締め付け感のある衣服(スキニーやTバックなど)」を好んでいると、お尻により多くの刺激を与えてしまいます。

その結果、血流の低下を招き、肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素が排出されず肌へ蓄積(色素沈着)してしまうため、お尻の黒ずみやざらざらが発生します。

補足
その他にも、お尻は刺激を受けやすいことに加え、常に密封され蒸れやすい環境にあることから「汗疹(あせも)」や「ニキビ」「かぶれ」などの炎症ができやすい部位です。炎症ができると肌は防御反応を起こしメラニン色素を過剰に分泌することから、それもお尻の黒ずみの大きな原因のひとつです。

 

・お尻の黒ずみの原因になる見直すべき4つの生活習慣

お尻に黒ずみの原因を生んでしまう習慣として「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服を好む」「睡眠不足」「栄養不足」の4つがあげられます。

そのなかでも「長時間座る・寝転がる」「圧迫感のある衣服」は、お尻の血流を悪くしてしまい、老廃物(毒素)がお尻に溜まりやすくなるため、黒ずみを始めとする様々な肌トラブル(ざらつき・垂れる・大きくなる・ニキビなど)の大きな原因のひとつです。

お尻の黒ずみの4つの原因 対策
長時間座る・寝転がる 長時間座ることの多いデスクワークの仕事や、寝転んでテレビなどを長時間同じ体制でみる場合は、お尻を長時間、圧迫しないように、椅子にクッションを敷いてお尻の負担を軽くするか、適度に立ち上がり前屈などをして血流を促すようにする。
締め付けの強い下着や衣服 スキニーデニムなど締め付けの強い衣服は、なるべくは控えるようにし、下着も締め付け感のないものを選ぶ。
睡眠不足や睡眠の質 成長ホルモンは、寝ている時に最も分泌されるため、最低でも6時間睡眠が理想です。睡眠の質を高めるためにも、就寝1時間前からスマートフォンは操作せず、最低でも23時までには就寝するようにする。
栄養不足や栄養バランス 肌をキレイに保つには、「ビタミンB・E・C・A」「タンパク質」の摂取が大切です。コンビニ弁当やジャンクフードは避け、肉・魚や納豆・大豆などのタンパク質や生野菜でビタミン類を意識して摂取するように心掛ける。
特に就寝時は気を付ける
ホルモン分泌が多い就寝時は特に締め付けの強い下着の着用は避けてゆるめのショーツなどで就寝するようにしましょう。

 

2.お尻の黒ずみは「角質ケア」と「保湿ケア」で改善する

お尻の黒ずみだけでなく、他部位の黒ずみにもいえることですが色素沈着が原因による黒ずみを治すには、古くなった角質を剥がして「肌のターンオーバーの促進させること」と、美白成分を含むクリームで保湿し「メラニン色素の抑制」することがとても大切です。

特にお尻がざらざらしている方はターンオーバーが乱れ古い角質がたまり厚くなっていると考えられます。その場合、保湿ケアをしても有効成分が肌に浸透しにくいため、一度古い角質をケアしてから保湿をしたほう早い改善が期待できます。

・お尻のざらざらも気になる方のための角質ケア方法

お尻のざらざら改善のための角質ケアは大きく分けて「ピーリング」と「スクラブ」の2種類があります。

ピーリングは「クエン酸」や「フルーツ酸」などの酸の力で古い角質を剥がす方法です。肌刺激も少ないため肌の弱い方や敏感肌の方に向いてる方法です。

スクラブは「砂糖」や「塩」の細かい粒子によって、古い角質を削って落とす方法です。粒子を肌にこするため、肌に多少負担がかかることから脂性肌などの肌が強い方に向いてる方法です。

どちらの方法も、角質が柔らかくなるお風呂のタイミングで行うと角質も落ちやすくおすすめです。最初は週2回ほど行うと効果的ですが、肌の状態をみながら減らしていくとよいです。

角質ケア後は、肌が乾燥しやすくダメージを受けやすい状態ですので、忘れずに保湿ケアを行ってください。お尻の角質ケアの方法については下記ページに全てまとめておりますので参考にしてください。

 

・美白成分を含む保湿クリームで朝夜1日2回のケアを行う

お尻の黒ずみケアとして最も大切なことは、美白成分を含む保湿クリームでケアすることです。お尻のみならず、黒ずみや色素沈着がなかなか治らない大きな原因として「肌の乾燥」があります。

肌は入浴後や年齢を重ねるごとに、潤いを保っている「セラミド」や「ヒアルロン酸」を失い、減少するため、肌のバリア機能を守るためにも「セラミド」や「ヒアルロン酸」が含まれる保湿クリームを選ぶと良いです。

それに加え、お尻の黒ずみを改善するためには、厚生労働省が認可している美白成分が含まれる製品を選ぶことで、お尻の黒ずみやニキビ跡など早期に改善することが期待できます。

補足
美白成分とは、黒ずみや色素沈着の原因である「メラニン色素の生成を抑制することができる成分」のことを指し、代表的な成分として「トラネキサム酸」「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などがあります。

【お尻の黒ずみ改善に最適な美白成分一覧】

美白成分 刺激 効果 おススメ
トラネキサム酸 弱い 高い
ビタミンC誘導体 弱い 高い
アルブチン 弱い 高い
※ハイドロキノン 強い 非常に高い
【その他の美白成分】「プラセンタエキス」「ルシノール」「リノール酸」「エラグ酸」「カモミラET」「t-AMCHA」「コージ酸」「ピュールブラン」「マグノリグナン」「シムホワイト377」

※ハイドロキノン:肌の漂白剤といわれるほど美白効果が高いですが、「医師が慎重に使用しなくていけない成分」と厚生労働省で定められているほど「肌刺激が強い」成分です。そのため、普段使いには推奨されていません。

効果を実感するまで最低3カ月はケアを継続する
これらの美白成分は、使用後すぐに肌を白くするわけではなく、少しづつメラニン色素が作られにくい肌にしていくため、毎日朝と入浴後の2回の保湿ケアが大切です。効果を実感するまで最低でも3カ月~1年以上継続し、乾燥肌の方は保湿の回数を増やしても良いです。


3.お尻の黒ずみ専用保湿クリームを徹底比較

お尻の黒ずみをクリームで改善するには「美白成分」と「保湿成分」が豊富に含まれていることが大切です。また「ニキビ」や「あせも」などのぶつぶつができやすい方は「抗炎症成分(グリチルリチン酸2Kなど)」が含まれているものを選ぶと良いです。

今回は、お尻の黒ずみを改善するための美白成分が含まれる保湿クリームを、「保湿成分」「美白成分」「ぶつぶつ予防成分(抗炎症成分)」「ターンオーバー促進成分」で比較しましたので、購入時の参考にして頂けたらと思います。

【お尻専用黒ずみ保湿クリーム6つを徹底比較】

商品 保湿 美白 ぶつぶつ予防成分 ターンオーバー促進成分
ヒップルン薬用ホワイトクリーム

¥1,980

セラミド、トリプルヒアルロン酸、コラーゲン トラネキサム酸 グリチルリチン酸2K 天然ビタミンE
対応可能な症状 ・色素沈着、炎症を伴う黒ずみ
・ニキビ、吹き出物などの抑制
・ざらつきや乾燥
・ハリ不足

プチノン

¥2,980

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、トレハロース ビタミンC誘導体、水溶性プラセンタエキス グリチルリチン酸2K 天然ビタミンE
対応可能な症状  ・色素沈着、炎症を伴う黒ずみ
・ニキビ、吹き出物などの抑制
・ざらつきや乾燥
・ハリ不足

ピーチローズ

¥5,070

セラミド、ヒアルロン酸 アルブチン、プラセンタ グリチルリチン酸2K 天然ビタミンE
対応可能な症状  ・炎症を伴う黒ずみ
・ニキビ、吹き出物の抑制
・ざらつきや乾燥

フェアリームーン

¥5,450

酵母エキス、EGF(セラミド)、ヒアルロン酸 ビタミンC(フラーレン)、プラセンタ グリチルリチン酸2K(少量) レチノール
対応可能な症状 ・ニキビ、吹き出物の抑制
・ざらつきや乾燥
・ハリ不足

魅惑のお尻¥1,558
加水分解シルク液 プラセンタ グリチルリチン酸2K サリチル酸メチル(少量)
対応可能な症状 ・ニキビ、吹き出物の抑制

OKーⅡ¥2,650
BG、濃グリセリン 無し グリチルリチン酸2K 天然ビタミンE(少量)
対応可能な症状 ・ニキビ、吹き出物の抑制

 

オロナインなど市販薬は逆に黒ずみ悪化のリスクに
「オロナイン」や「アットノン」などの市販のクリームがお尻の黒ずみに効くという噂がありますが、これらはニキビや水虫などのカビや菌を消毒・殺菌や、炎症を抑えるためだけの市販薬で黒ずみを改善することはできません。特にオロナインやアットノンは医薬品に分類され、強力な薬剤成分が配合されています。長期間使用することで黒ずみ悪化のリスクが懸念されます。

 

・お尻の黒ずみにおススメの保湿クリーム3選

お尻の黒ずみを早く解消する上で、特にお勧めできる商品を3つに絞りました。美白や保湿、ぶつぶつ予防において、適切な有効成分が配合されているため早い効果が期待できます。

 

1位:ヒップルン薬用ホワイトクリーム

価格:¥1,980
容量:120g(約2ヵ月分)

色素沈着またはブツブツやざらざらのお尻の黒ずみ解消に最適なクリームです。美白効果の高いトラネキサム酸、セラミドやトリプルヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿効果の高い成分、また、肌を整えてぶつぶつを予防するグリチルリチン酸2Kが含まれており、配合バランスが最も良いと言えます。

 

 

2位:プチノン

価格:¥2,980
容量:50g(約1ヵ月分)

色素沈着の黒ずみケアに向いているクリームです。美白効果の高い「ビタミンC誘導体」と効果的に潤いを補うセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンも配合されているため、お尻のカサつき解消にも有効です。

 

3位:ピーチローズ

価格:¥5,070
容量:60g(約1ヵ月分)

黒ずみと同時に強いカサつきも解消したい方に向いているクリームです。保湿成分がナノ化(微粒子化)されているので、肌の奥まで浸透しやすくその有効性も高いと言えます。

 

・3カ月使用しても改善の傾向がない場合は皮膚疾患の可能性もある

専用クリームでも、お尻の黒ずみやざらつきが改善しない場合、色素沈着が原因の黒ずみやぶつぶつではなく、毛孔性苔癬(モウコウセイタイセン)や毛孔角化症(モウコウカクカショウ)など皮膚疾患の可能性も考えられます。

毛孔性苔癬とは、二の腕を始めとする身体の様々なところに「赤褐色の2~3ミリほどのぶつぶつが広範囲にできる皮膚疾患」のことを指し、世界人口の約80%が発症する皮膚病の一種です。

【二の腕の毛孔性苔癬の症例】


原因は「ホルモンバランス」や「遺伝」が関係しているのではないかと言われています。稀にかゆみを覚える人がいる程度で健康に害はありません。

原因が不明で完治は難しいとされていますが、尿素が含まれる保湿剤での治療が最良と言われています。毛孔性苔癬の改善法については『今、治したい!毛孔性苔癬・角化症と決別するための改善法まとめ』をご覧ください。

 

4.保湿と同時にマッサージも行うとたるみ予防になる

マッサージをしながら保湿クリームを塗り込むことで血行が促進され、お尻の毒素(老廃物)も排出されやすくなります。黒ずみの早期解消だけでなく、たるみ予防にも効果的です。

手順①500円玉大ぐらいの保湿クリームを手のひらに伸ばしお尻全体に塗る

お尻全体に軽く保湿クリームをのばしておくことで、滑りが良くなります。500円玉大ぐらいの量で、お尻全体の保湿を行うことができます。乾燥が強い方は、2~3度ほど重ねても良いです。

 

手順②お尻の付け根から上に向かってお尻を持ち上げてマッサージ

親指以外の指を全てくっつけた状態で、お尻の付け根に人差し指が付くようにお尻を支え、そこから少し力を加えながらお尻を上に持ち上げていきます。これを行うことで、リンパのコリをほぐしていきます。大体5回ほど繰り返しましょう。

手順③太もも部分からお尻のくぼみに向かってマッサージ

お尻の側面部分と太ももの境目当たりから、お尻のくぼみ(腰の中心)に向かってお肉を集中させていきます。これを行うことで、横に流れてしまった脂肪や太股部分で凝り固まったリンパを流すことができます。5回ほど繰り返しましょう。

手順④両手をグーにしてお尻のくぼみ部分をゴリゴリほぐす

両手をグーにしてお尻のくぼみ部分を3回ほどゴリゴリと押してほぐします。お尻のくぼみ辺り(腰の中心付近)には、リンパ節というリンパのたまり場のようなものがあり、ここをほぐすことで毒素が排出されやすくなり、黒ずみやたるみの早期改善に役立ちます。

5.早く治したい方は皮膚科やエステでの施術がおススメ

美白成分を含む保湿ケアでも最低3カ月は黒ずみの改善には時間がかかるため、早くキレイに治したいと思う方は「美容皮膚科」や「エステ」での施術を検討するとよいです。美容皮膚科ではターンオーバーを促進させる「ケミカルピーリング」とメラニン色素を破壊する「レーザー治療」が主に行われ、必要に応じて「ビタミン剤などの飲み薬」や「美白剤入りの塗り薬」なども処方されます。

専門知識をもった専任者が、症状に合わせて適切な治療を施術するため、お尻の黒ずみを早く確実に治したい方は美容皮膚科での施術がおすすめです。レーザー治療の費用や期間などは下記ページを参考にしてください。

 

エステでの施術は、医療行為(治療)ではなく「お肌のメンテナンス」を行う場所のため、お尻に黒ずみやざらつきを作りにくい肌を目的に施術を行います。施術内容は黒ずみの症状にもよりますが「超音波毛穴洗浄」で毛穴の汚れをかきだし、「ケミカルピーリング」で古い角質を取り、プラセンタやビタミンCなどの「パック」、サロンによってはリンパマッサージなどを施します。

美容皮膚科に比べ費用も安く、肌に優しいケアを行うことから肌が弱い方や敏感肌に向いています。また黒ずみやぶつぶつの予防として2カ月に1回程度、通う方もいらっしゃいます。

6.緊急時にファンデーションでササッと黒ずみを隠す方法

「水着を着る時」「突然の彼とのお泊り」などで、お尻の黒ずみを少しでもカバーしたい方は、汗や水に強い『ボディファンデーション』で一時的に隠すのも1つの手です。水着であれば、お尻部分にフリルがついたものやパレオで隠すこともできますが、お泊りならボディー用のファンデーションを少しずつ肌に重ねながら隠していくと目立ちにくくなります。

ニキビやその跡が気になる方は、ファンデーションの前にコンシーラーを軽く乗せると上手に黒ずみを隠すことができます。

注意点として10時間を超えるほどの長時間、ファンデーションで隠し続けると、毛穴に汚れが溜り「ニキビ」や「炎症によるぶつぶつ」になるリスクが高くなりますので、なるべくは長時間の使用は避け、使用後は入念にクレンジング等で洗い流すようにしてください。

黒ずみやニキビ跡を隠すボディ用ファンデーションの価格や使い方に関しては以下ページを参考にしてください。

まとめ

お尻に黒ずみ・ざらつきができる原因から効果的な治し方の全手順をご紹介いたしました。お尻は、角質が厚く蒸れやすいため、ニキビや炎症が出来やすく様々な肌トラブルが出来やすいです。

お尻の黒ずみを治すためには「お尻への刺激や圧迫を避ける」「良質な睡眠とバランスの良い食事」「スクラブやピーリングでの古い角質の除去」「美白成分が含まれる保湿クリームでのケア」「お尻のリンパマッサージ」の5つが大切です。

早く確実にお尻の黒ずみを治したい方は「美容皮膚科」かセルフではできないお肌のスペシャルケアができる「エステ」での施術がおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます