監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

色素沈着したニキビ跡には美白パック!ニキビ跡の種類と改善法まとめ

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

美白パックは、肌の保湿や白くする目的で使用する場合が多いため、ニキビ跡の場合「でこぼこしたもの」や「赤みが残っているもの」「シミのようなもの」など症状は様々で、美白パックを使っても大丈夫なのかな…とお考えの方も多いと思います。

今回は、美白パックで改善することができるニキビ跡のタイプから、効果的にニキビ跡を改善に導く美白パックの選び方・使い方をまとめましたので、ご参考ください。

1、美白パックは「色素沈着」タイプのニキビ跡に有効

ニキビ跡には「色素沈着」「クレーター(毛穴の開き)」「赤み」の3タイプあり、美白パックが有効なニキビ跡の種類は「色素沈着」タイプのニキビ跡です。

色素沈着タイプは、ニキビの炎症後に残るシミのような症状で、肌の生まれ変わりを促進させることで徐々に解消することができます。

肌の生まれ変わりを促進させるためには保湿が大切で、美白パックを使用することで有効成分を十分に肌へ浸透させ保湿力が高まるため、色素沈着のニキビ跡の早期改善のサポートに役立ちます。

炎症を起こした赤みタイプのニキビ跡に関しては、炎症成分が配合された基礎化粧品でのケアが有効で、クレーターが伴うニキビ跡に関しては美容皮膚科など専門病院での治療が必要です。
外部参考ページ:ニキビ跡の種類と治療法(オザキクリニック)

 

【ニキビ跡の種類と特徴】

タイプ 特徴 改善法 美白パック有効性
色素沈着 ・赤紫や茶色のシミに似た見た目
・肌のぶつぶつ・デコボコ感は少なく、ニキビも落ち着いてきている
美白製品でのケア

皮膚科での施術


十分に保湿できるため、改善が期待できる。
赤み ・炎症が残こり、毛穴周辺に血液が溜まった状態
・ニキビも残っており、肌全体がブツブツとしている
・炎症がヒドイため、パックは向かない
洗顔・化粧水・保湿クリームのシンプルなケア

皮膚科のニキビ用お薬での治療


美容液をエサに菌が繁殖し悪化する可能性がある
クレーター
(毛穴の開き
・毛穴が開きブツブツとしている
・アイスピックで刺されたような見た目
・肌がデコボコとしており、毛穴周辺が盛り上がっていることもある
・皮膚組織が変形し、セルフケアでは改善することができない
皮膚科で本格的な施術による方法
・レーザー
・飲み薬
・塗り薬
・ケミカルピーリング
・イオン導入

肌の奥(真皮)まで皮膚組織が破壊されているため効果がない

 

2、「ビタミンC誘導体」の美白パックが色素沈着のニキビ跡に有効

美白パックとは「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などの美白成分が配合されるものを指し、そのなかでも「ビタミンC誘導体」配合の美白パックが色素沈着タイプのニキビ跡には有効です。

ビタミンC誘導体には、「肌の生まれ変わりの促進」「皮脂分泌の正常化」「メラニン色素の抑制」の3つの効果があり、ニキビを予防しながら色素沈着したニキビ跡を改善に導きます。

その他、ニキビなどの炎症を鎮める働きのある「グリチルリチン酸2K」や、肌に潤いを与える「セラミド・ヒアルロン酸」などの保湿成分が豊富な美白パックを選ぶとニキビ跡に対しより早い効果を期待できます。

また、パックだけでなく化粧水や洗顔料、保湿クリームもビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶと色素沈着タイプのニキビ跡の改善に役立ちます。

 

・ニキビ跡の悪化の原因となる「アルコール」や「乳酸」に注意

ビタミンC誘導体が配合されていても「アルコール」「乳酸」「石油系合成界面活性剤」が配合されている美白パックは、ニキビ跡を悪化させたり肌荒れを起こす可能性が高いため、避けたほうが良いです。

特にアルコールは、必要以上に皮脂を取り除いていしまい、皮脂の過剰分泌によってニキビが繰り返しできやすくなってしまいます。

【配合されてない方が良い成分】

名称 理由 成分名
アルコール 必要以上に皮脂を取り、皮脂の過剰分泌でニキビを作りやすくしてしまうため エチルアルコール
エタノール
石油系合成界面活性剤 刺激が強く、ヒリヒリや乾燥を招きやすいため、ニキビ跡の悪化に繋がる可能性が高い ラウリン酸ナトリウム(アンモニウム)
パレスー3硫酸Na など
殺菌・ピーリング剤 刺激が強く悪化する可能性があるため サリチル酸
イオウ など

 

3、ビタミンC誘導体配合の美白パック4つを徹底比較

色素沈着タイプのニキビ跡を美白パックで改善させるには、「ビタミンC誘導体が配合」「保湿成分」「ニキビ改善成分」の3つが豊富なものを選ぶことが大切です。

今回は、色素沈着タイプのニキビ跡の改善に効果的なビタミンC誘導体配合の美白パック4商品を、「保湿成分」「ニキビ改善成分」「肌刺激」でわかりやすく比較させて頂きましたので、美白パック選びの参考にして頂ければと思います。

【ニキビ跡に効果的な美白パック4商品】

商品名 保湿成分 ニキビ改善成分 肌刺激成分
エッセンスマスクLX
サクシノイルアテロコラーゲン

グリセリン

グリチルリチン酸2K なし
クリアターン・エッセンスマスク
ヒアルロン酸

コラーゲン

グリチルリチン酸2K 少しあり
白のルルルン
ヒアルロン酸

コラーゲン

グリチルリチン酸2K あり
ベイビッシュ ホワイトマスク
グリセリン

ヒアルロン酸

グリチルリチン酸2K 少ない

 

■美白パックは週に1回の頻度で化粧水の後に使う

美白パックは週に1回夜の洗顔・化粧水の後に使用します。使用後は乾燥を防ぐために必ず保湿クリームでケアをすることでより保湿力が向上しニキビ跡の改善に効果的です。

美白パックは、化粧水の後に使用するのが正しい使い方です。化粧水後、目元からシートを合わせ空気が入らないように肌に密着させて、10~15分ほど置いてください。

時間が経ったらシートを剥がし、手でパックの美容液を浸透させていきます。肌に吸収されなかった美容液はティッシュでオフし、その後保湿クリームで蓋をすればケアは完了です。

注意点:日焼け直後の赤みがある肌や長時間のパックは避ける
ニキビや日焼け直後の赤みがある肌は、美白パックで症状が悪化することがあるため使用は避けてください。

また、美白パックは長時間すれば効果が高まるわけではなく、逆に悪化することもあるため、商品に記載されている時間を守るようにしてください。

 

4、乾燥感が強い方は「シリコン製のマスク」を併用すると良い

乾燥感が強かったり、室内で空調が強くすぐにパックが乾いてしまうという方は、美白パックの蒸発を防ぐために、シリコン製のマスクを活用するとよいです。

シリコン製のパックを併用することで、美白パックの成分の蒸発を防ぎ、肌の密着度も守ることができるため、有効成分を十分に浸透させることができます。

シリコン製マスクは数多く販売されておりますが、100円ショップダイソーやAmazonで販売されている「シリコーン潤マスク」は、安くてコスパも良いためおススメします。

 

5、色素沈着のニキビ跡の悪化の抑制・早く改善するために

美白パックだけでなく「日頃からのUVケア」や「食生活の改善」「生活習慣の改善」もニキビ跡を早く治すために大切です。

特に、UVケアは最も大切で、ニキビ跡は紫外線が当たることで、ぶつぶつが悪化したり乾燥を引き起こしニキビが繰り返えし、なかなか治りません。紫外線は、室内外・季節・天気関係なく毎日降り注いているため、毎日日焼け止めを塗るようにしましょう。

また、「バランスの良い食事」や「適度な運動」「十分な睡眠」も肌の生まれ変わりを促進させニキビ跡の改善に役立つため、生活習慣・食生活にも気を付けるようにしてください。

さらに詳しい情報は?色素沈着の改善に役立つ食材や栄養素に関しては、以下のページに詳しく紹介していますので、ご参考ください。

 

6、まとめ

美白パックで改善できるニキビ跡はしみやそばかすのような「色素沈着タイプのニキビ跡」で、「ビタミンC誘導体」が配合された美白パックを使用することで改善します。

美白パックは週に1回の頻度で化粧水後に使用し、「シリコン製マスク」を併用することで保湿力をキープすることができます。

ただし、美白パックはニキビや日焼け後のダメージをうけた肌に使用すると悪化することがあるため、そのようなときは使用を控え、UVケアや生活習慣に気をつけながら、ニキビ跡を改善していきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます