監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

コスパ優秀!安い美白サプリの効果を最大に引き出す選定術

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美白サプリを低コストで選び美肌になった女性

サプリメントでカラダの内側からも美白ケアをしたいけれど「安くて効果のあるものは?」「種類が多いけど私にはどれがいいの?」「高価なものと何が違うの?」などと悩んでいませんか?

美白サプリは、配合成分によって効果のある症状が異なり、シミやくすみ・シワ・肌荒れなどの肌トラブルの改善や予防に期待できる優れものです。

今回は、美白サプリの価格の違いや成分の詳細、お得な選び方、さらに美白効果が高まるケア方法をまとめてみましたので、美白サプリで透明感のある肌へのきっかけにして頂けたら幸いです。

1.高価な美白サプリと安い美白サプリの違い

美白サプリと呼ばれる商品には、美容成分が10種類以上も配合されて1万円以上するものもあれば、2種類以下の成分配合で1.000円以下で購入できるものもあります。

5千円~1万円代の美白サプリには、シミやくすみ、しわ、乾燥など肌トラブルを改善する作用がある美容成分や、高い抗酸化作用のある成分、それらの働きを高めるビタミン類もバランスよく配合されています。

3千円以下の美白サプリには、シミやくすみの症状にピンポイントで作用する成分が数種類配合されているので、症状に合わせて選べるところがおすすめです。

2.低コストで効果的な美白サプリの選び方

「美白サプリ」とひとことで言っても、配合されている成分が異なるので、改善したい症状に合った成分を選ぶことで、低コストで効果的な美白ケアができます。

症状に合わせた美白サプリの選び方が分かるイラスト

シミの改善には、メラニンを還元・排出作用がある成分を選ぶのが好ましく、シミの予防には抗酸化作用があるものを、くすみの改善には血行を良くするターンオーバーの促進作用があるものを選ぶとよいです。

肝斑や濃いシミにはサプリメントの効果は期待できないので、医薬品や病院での治療が好ましいです。肝斑や濃いシミの治療内容や費用については「これで完結!美容皮膚科の美白治療で頑固なシミを撃退する全知識 」を参考にして頂けたらと思います。

【症状別おすすめ美白成分】

症状 おすすめの成分
紫外線によるシミの改善 ビタミンC、L-システイン、プラセンタ、ヒドロキシチロソール、ビタミンD
紫外線によるシミの予防 ビタミンC、アスタキサンチン、プラセンタ、L-システイン,

アーティーチョーク、はとむぎエキス、トマトリコピン、ビタミンD

そばかす ビタミンC、ビタミンD
肝斑 トラネキサム酸+(ビタミンC・ビタミンE)
肌荒れやニキビの跡の改善 ビタミンC、L‐システイン、プラセンタ、ヒドロキシチロソールビタミンD
肌荒れや乾燥によるくすみ
(透明感がない)
ビタミンC、プラセンタ、ビタミンA、はとむぎエキス
血行不良によるくすみ
(血色が悪い、青黒い)
ビタミンC、プラセンタ、ビタミンE

 

【成分別美白作用と摂取量】

成分 美白作用 1日の摂取目安量
ビタミンC メラニンの生成の抑制
メラニンの還元・排出
コラーゲン生成
抗酸化作用
100㎎
美容目的:1,500~2,000㎎
プラセンタ ターンオーバーの促進
組織修復作用
抗酸化作用
100㎎
アスタキサンチン メラニン還元
メラニン生成の抑制
抗酸化作用
2~6㎎
ヒドロキシチロソール 肌色メラニンの生成
L‐システイン ターンオーバーの正常化
メラニン還元・排出
抗酸化作用
上限200~240㎖
ビタミンE ターンオーバーの促進
抗酸化作用
8~15㎎
上限 650~700㎎
ビタミンA 免疫機能の維持
肌荒れ防止
60㎍
上限 3,000㎍
ビタミンD メラニン色素沈着の防止
コラーゲンの合成促進
5㎍
上限 50㎍
ナイアシン 抗酸化作用 10㎎
上限100~300㎎
はとむぎエキス ターンオーバーの促進
老廃物の排出
アーティーチョーク メラニン生成の抑制

※摂取量や上限が定められていない成分もありますが、摂取する量を増やせば効果が高くなるわけではないので用量を守って摂取してください。

3.全部2500円以下!シミの改善・予防・くすみなどの症状別のおすすめ美白サプリ

お得に賢く美白サプリを活用するには、購入する前に改善したい症状に合う成分が配合されているか確認することが大切です。

2,500円以下で購入できる症状別のおすすめ商品を紹介いたしますので、参考にしてみてください。

ニキビ跡・紫外線によるシミの改善・予防におすすめな美白サプリ
ファンケルホワイトフォース

ファンケルホワイトフォース

30日分 2,376円

ニキビ跡・紫外線によるシミの改善に。すでにできてしまった黒色メラニンを肌色メラニンに戻す作用のあるヒドロキシチロソール+L- シスチン配合。シミの予防に効果的な抗酸化力の高いアーティーチョーク、その他ビタミンC、ナイアシンが美肌をサポート。


紫外線やストレスよるシミの予防におすすめな美白サプリ
アスタキサンチン&ビタミンE

アスタキサンチン

1か月分 1,026円

紫外線やストレスによるシミの予防に期待大。シミの原因となる活性酸素を除去してシミ作りをストップ。アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの1,000倍!1カプセルにアスタキサンチン10㎎、ビタミンE20㎎配合。ビタミンEはアスタキサンチンの働きをサポート。


肌荒れ・乾燥による「くすみ」の改善におすすめな美白サプリ
はとむぎエキス

DHCはとむぎエキス

30日分 600円

はとむぎには、肌荒れや赤みを改善する作用があるので、肌荒れによるくすみを改善し、透明感のある肌へと導きます。抗酸化作用のあるビタミンE10㎎も配合。
※小麦アレルギーの方は、アレルギー症状を起こす可能性があるので服用は控えてください。


血行不良による「くすみ」の改善におすすめな美白サプリ
天然ビタミンE「ヒマワリ」

DHC天然ビタミンE

30日分 610円

血行不良によるくすみの改善に期待◎ビタミンEには血行を促進させる作用と、抗酸化作用があります。吸収されやすい天然ビタミンEを1粒に67㎎配合。1日摂取目安量は6㎎程度ですが、上限は600~700㎎なので飲みすぎには注意してください。

■美白サプリの効果的な飲み方

美白サプリの効果を十分に発揮させるには、毎日コツコツ飲み続けることが最も重要です。

紫外線やストレス、血行不良などの肌へのダメージは目に見えないので、日々それらに対抗する成分を摂取して予防することで、シミやくすみを防ぐことができます。

4.紫外線対策やプチプラ化粧品の併用でよりお得に美白ケア

シミやくすみ、しわなどの肌老化は約80%が紫外線の影響だと考えられています。そのため、低コストで美白サプリの効果をより高めるには、日焼け止めや日傘を使用する紫外線対策や化粧水など保湿ケアの併用をすることも大切です。

美白成分配合のプチプラコスメも美白ケアには優秀なアイテムです。国に認可された美白成分配合で、1,500円以下の商品を紹介いたしますので、参考にしてみてください。

プチプラコスメは顔だけでなく首からデコルテまで贅沢に使用できるので、ひとつ持っていると便利なアイテムです。

菊政酒造 菊正宗 日本酒の化粧水

菊正宗日本酒の化粧水

500㎖ 907円

メラニン生成を抑制する美白成分アルブチン配合。そのほか保湿成分セラミドやプラセンタエキスも配合でこの価格!大容量なので、贅沢にばしゃばしゃ使いたい化粧水。


無印良品 敏感肌用浴用美白美容液

無印良品敏感肌用美白美容液

50㎖ 1,400円

メラニン生成の抑制、還元・排出作用のあるビタミンC誘導体配合。日焼けによる炎症を抑える作用のグリチルリチン酸2Kも配合なので、サプリと併用でさらなる美白へ。バラペンフリー、アルコールフリーなので敏感肌の方でもおすすめです。

 

美白ケアは生活習慣も気を付けること
喫煙や飲酒、ストレス、睡眠不足もシミの原因となる活性酸素を発生させる要因なので、疲れやストレスがたまっていると感じたときは、頑張りすぎずにゆっくり休むことも大切です。

5.複数の症状を解消したい場合は高価な美白サプリが優秀

シミやくすみ以外にしわ、乾燥などの肌トラブルもまとめて解消したい場合には、多少価格は高くなりますが、そのぶん成分が豊富に配合された美白サプリがおすすめです。

5千円以上の美白サプリには、企業が独自に開発した美白成分や美容成分が10種類以上も配合されていますので、肌のお悩みをまとめて解決することが期待できます。以下のページに成分の作用や選び方をまとめていますので、参考にしていただければ幸いです。

参考ページ:【美白サプリの取説】シミ・くすみを美白に導くサプリのミカタ

6.まとめ

美白サプリを低コストで効果的に使用するには、気になる症状に合った成分を選ぶことが大切です。

シミの改善にはビタミンC配合の美白サプリを、シミの予防には抗酸化作用がある成分配合のものを、くすみには抗酸化作用やターンオーバー促進作用があるものが効果が期待できます。

肌トラブル全体をまとめて解消したい場合は、美容成分がぎっしり詰め込まれた高価な美白サプリがおすすめです。

美白サプリでのケアも効果的ですが、美白への一番の近道は、紫外線対策をすることが何よりも重要です!

今回の記事で、本格的な美白ケアを始めるきっかけにして頂けたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで最新情報をチェック

関連ワード

Twitter・RSSでも購読できます