監 修

上田 弥生医師

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
美容皮膚科医
NARD JAPAN認定 アロマ・アドバイザー 上田弥生 医師

アルブチンを美白目的で使う前に知っておきたい基礎知識

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
アルブチンの美白の知識を得た女性

美白ケアを取り入れたいけれど、「アルブチンってどんなもの?」「美白に効果があるの?」「副作用はあるの?」と気になっている方は多いのではないでしょうか。

アルブチンは、国に認められている美白成分なので、安心して美白ケアができます。

今回は、アルブチンの美白作用のメカニズムやアルブチン配合の化粧品の選び方、おすすめ美容液の紹介、使用方法をまとめてみましたので、ステキな美白生活のお役に立てたら幸いです。

1.アルブチンはシミの原因となるメラニン生成を抑制する美白成分

アルブチンとは、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があり、厚生労働省に美白効果と安全性が認められている美白有効成分です。

アルブチンには2種類あり、ハイドロキノンを合成して作られたα(アルファ)‐アルブチンと、植物から発見されたβ(ベータ)‐アルブチンがあります。

どちらのアルブチンもハイドロキノンと比べ安全性は高く、β‐アルブチンに比べα‐アルブチンのほうが美白効果が高いため、美白を目的とする場合はα‐アルブチンを使用することが好ましいです。

・アルブチンの働きとメラニン生成のメカニズム

紫外線を浴びると、皮膚の中に活性酸素(フリーラジカル)が発生し、メラニンを作るチロシナーゼという酵素の働きが活発になります。

チロシナーゼの働きは、体内のチロシンというアミノ酸を酸化させてメラニンに変化させます。

アルブチンが、チロシナーゼの働きを邪魔することで、メラニンの生成量が減少し、その結果しみを防ぐことができます。

アルブチンの働きとメラニン生成のメカニズム

2.美白目的にはα‐アルブチンとビタミンC誘導体配合の美容液を

アルブチン配合の美白化粧品を選ぶときは、α‐アルブチンとビタミンC誘導体が配合されている美容液がより美白効果を期待できます。

アルブチンはメラニンの生成を抑制する作用でシミの予防ができます。ビタミンC誘導体は、黒くなったメラニンを元の肌色に戻す還元作用やターンオーバーを促す排出作用があるので、一緒に配合されている方が美白には効果的です。

美白にはα‐アルブチンとビタミンC誘導体がおすすめ

美容液は、化粧水やクリームよりも美白成分が高配合されている事が多いので、美白を目的とする場合は美容液でのスペシャルケアがおすすめです。

・化粧品でのアルブチンの表記例

種類 化粧品での表記例
α‐アルブチン α‐アルブチン、ハイドロキノン誘導体
β‐アルブチン β‐アルブチン、アルブチン

 

3.美白に効果的なα‐アルブチンとビタミンC誘導体配合のおすすめ美容液

アルブチン配合の化粧品を使用してみたいけれど、どれを選べばいいんだろう・・・という方の為に、「α‐アルブチン」と「ビタミンC誘導体」が配合された美容液をご紹介いたします。

プラチナVCセラム

プラチナVCセラム

30㎖ 6,048円

成分:α‐アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、TGPなど

メラニン排出作用のあるプラセンタエキスと、コラーゲン生産やシミ、くすみに有効な美白ペプチドTGPを高濃度配合なので、紫外線による薄いシミやくすみの予防・改善におすすめです。無添加処方なので敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。


リペアモイストWエッセンス

リペアモイストWエッセンス

50㎖ 8,000円

成分:α‐アルブチン、ビタミンC誘導体、セラミド、基底膜強化ペプチドなど

18種類の美容成分と20種類の植物成分配合で、紫外線による薄いしみやくすみの予防・改善効果のほかに、乾燥による小ジワを目立たなくする基底膜強化ペプチド配合。シミやくすみ以外のエイジングケアも一緒にしたい方におすすめです。オーガニックと無添加にこだわった、肌に優しい美容液です。


スーパーホワイトエクストラ

スーパーホワイトエクストラ

30㎎ 10,260円

成分:α‐アルブチン、ビタミンC誘導体、フラーレン、ピクノジェノールなど

美肌へと働きかけるミネラル・マグネシウム・カルシウムが豊富な沖縄海洋深層水を使用。抗酸化作用の高いをピクノジェノール配合なので、紫外線による薄いシミ・くすみの予防のほかに加齢によるくすみの改善にも効果的です。全国500店舗以上のサロンで愛用されている肌を育むケア用品。

 

4.アルブチンの美白に効果的な使用方法と注意点

アルブチンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用がある為、朝と夜の1日2回のケアを行うことで、シミを効果的に予防でき、美白へと導きます。

アルブチン配合の美容液を使用するタイミングは、朝・夜の洗顔後に化粧水で整えたあと、適量を顔全体から首・デコルテまで優しく丁寧になじませてください。シミが気になる部分には重ね塗りをして、最後に乳液やクリームなどで整えてください。

・アルブチン使用上の注意点

肌荒れやニキビ、日焼け直後などで敏感肌になっているときは刺激を感じやすいので、美白ケア用品の使用を避け、保湿ケアや炎症を抑えるケアを優先的に行うことが大切です。

また、日焼け止めクリームや日傘などの紫外線対策を併用することで、さらに美白効果が高まります。

5.まとめ

アルブチンにはαとβの2種類があり、美白効果が高いのは「α‐アルブチン」です。

美白を目的とする場合は、ビタミンC誘導体が配合されているものがよく、紫外線による薄いシミやくすみ、ニキビ跡の改善に期待できます。

しかし、肝斑や濃いシミの場合は長年蓄積したダメージを化粧品で早期に改善することが難しいため、美容皮膚科などでの治療が好ましいです。下記で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

参考ページ:これで完結!美容皮膚科の美白治療で頑固なシミを撃退する全知識

 

今回の記事で、美白ケアを楽しんでステキな笑顔で毎日を過ごすきっかけにして頂けたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

Twitter・RSSでも購読できます